スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月は流れて Ⅱ


流されて






それでも、流されて行く

自分の思いとは裏腹に

もがいても、泣いても、叫んでも

どうにもならないことが

どうしようもない毎日が

どうしようもなく続いて行く

明日を見ることで

今より重く、今より冷たい泥濘の中に沈み込んで行く

それでも、今を信じろと言うなら

何もかも捨て去って、流されるしかない

甘い言葉で慰められるくらいなら

自らその流れの中に飛び込んで

いつ果てることのない流れの中に身を任そう

澄んだ水が心の中の汚れを洗い流し

いつか静かな穏やかな流れの中で手を結べるように

それがいつかわからないけれど

いつか静謐に流れ出す水で、心が泣ける日のために










洗い流せ




+ Read More

スポンサーサイト

雨の音を背中で聞いて

通天閣






誰も振り向いてはくれないから

雨の音を背中で聞いて

一人歩いて行く

前を歩く人を追い越して

ゆっくりなんてしていられないから

少し急ぎ足で

夜はもう、すぐにやってきそうで

だから、後ろなんて振り返らずに

ただ、前を向いて

ただ、前だけを向いて




雨が降っているから

みんないつもと違った顔で

うつむいて歩いて行くんだろう

1時間前まではあんなに晴れていて

僕も自分で自分が

誰もが自分たちのことを

幸せそうに思っていたんだろう

振り返れば、ただそれだけで

雨がどこまでも自分たちを濡らしそうで

ただ黙々と歩いて行く

みんながあんまり見ず知らずの顔をするものだから

だから僕も

雨の音を背中で聞いて

前を向いて歩いて行く

ただ、前を向いて








雨の大阪





+ Read More

水影




水に映る影







どこまでが真実で

どこまでが嘘なのか

朧な影を追うように

見えない心は

出口を見失う

誰が言った言葉なのか

もう忘れたのか、思い出したくないのか

自分でも見分けのつかない影ばかり

本当は存在しない境目に沿って

影を頼ってなぞっていく

戻らない答え

戻らない心

寒さだけが残ったままで

いつまでも影だけが揺らぎ続ける










揺らぎ

月に泣く


朧月






ぼやけているのは

月なのか、月を見ている自分の思いなのか

滲んだ瞳で見る月は

いつまでたっても朧なままで

そのうち、雨になるのだろう

遠くで泣いている声が

雨降る前に、

届くだろうか







月

ろうそくの火




僕らは
いつ消えるかわからぬ灯を背負い
果てること無い階段を
どこまでも上ってゆくのか
揺らめく小さな灯りを
隠すことも守ることもできぬまま
ただ僕らは
消えゆく灯を眺めながら、憾みながら
それが自分の灯であることを悟りつつも
ただ落ちてゆく怖れにかたくなに拳をあげる

彷徨えば彷徨うほど深まる闇の中で
いつ出逢えるかもわからぬ闇の中で
忘れゆく灯を
薄れゆく灯を
いつまでも探しながら




灯り

儚き者たちよ

身を寄せ合って



儚き者たちよ

春の夜風の冷たさに

身を寄せ合うも

忍べば見れる

夢もなく




寂しいよ

+ Read More

夜へ

夜へ





向かう先には光がない。

限りない闇の広がり。

闇の彼方に、

光が見つかるだろうか。









夜へ

+ Read More

プロフィール

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。