スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろうそくの火




僕らは
いつ消えるかわからぬ灯を背負い
果てること無い階段を
どこまでも上ってゆくのか
揺らめく小さな灯りを
隠すことも守ることもできぬまま
ただ僕らは
消えゆく灯を眺めながら、憾みながら
それが自分の灯であることを悟りつつも
ただ落ちてゆく怖れにかたくなに拳をあげる

彷徨えば彷徨うほど深まる闇の中で
いつ出逢えるかもわからぬ闇の中で
忘れゆく灯を
薄れゆく灯を
いつまでも探しながら




灯り

スポンサーサイト

春に散歩

雨は苦手です。
以前、雨の日に写真を写していて
後でカメラが動かなくなりました。
雨が降るとわかっていても、雨の備えを何もしない。
濡れながら写真を撮るのは勝手だけど、
その報いはちゃんとくるみたいです。
カメラは濡らさないようにしましょう。

21日 春分の日
朝はゆっくり眠れたし、天気は上々だし。
車で明日香に行って来ました。
春は京都より奈良の方が、ほのぼのとして好きです。
石舞台。
人がたくさん来ていました。
すぐ近くに菜の花畑がありました。


畑


深呼吸したくなるような風景。
人が誰もいなくて、昼寝できたら最高だろうな~と思いつつ、
大好きな黄色の菜の花をまず撮ろうと、
パチリ



菜の花の畑



+ Read More

春の散歩


花に嵐の例えもあるさ、
って誰かが言ってましたが、今日は朝からずっと雨。
家にこもって最近撮った写真のフィルムをスキャンしてました。
相変わらず言葉は中々出てこないので、
みぃこさん風に最近撮った写真をアップします。


インフルエンザで天気の良い日に寝ていたので、
熱が下がった二日目はじっとしていられなくなりました。
日曜日ということもあって近くの公園に出かけました。

木蓮があたりの様子をうかがうように、そっと花を開いていました。
きれいだなぁ、と思いながらパチリ。

木蓮


しばらくブラブラ歩くと枝ぶりの見事な木があったので
パチリ

樹


何の木かまったくわかりません。
写真撮ってるわりには、植物や木の名前はまったく知らない。
みぃこさんに教えてもらわなくちゃ。
などと考えていると遠くで赤い花をつけている木が目に留まる。
近づいてみると、寒緋桜でした。

寒緋桜


+ Read More

新しい朝に

清涼




変われない自分がいるから

言い訳ばかりしている

自分がいるから

白い朝の光に

映し出される自分を思う

ここから始まる

新しい朝に



+ Read More

憂い

憂い




少し曇った顔で

あなたは下を向く

今でもまだ、

あなたの憂いの意味がわからないまま

逢えなくなったあなたを想う



春




もう逢えない君へ

いつもはあんなに話せたのに

今日は言葉が出ない

視線だけで見送る

後姿に

春が来ていた




春

+ Read More

儚き者たちよ

身を寄せ合って



儚き者たちよ

春の夜風の冷たさに

身を寄せ合うも

忍べば見れる

夢もなく




寂しいよ

+ Read More

少し背筋を伸ばして

富士山



まだ少し寒いけれど、

少し背筋伸ばして見ていたい。

孤高の存在だけど、

傍らでそっと見ている人もいるはずだから、

今にも消え行きそうな月のように。

+ Read More

昼下がり

公園



疲れてないけど、

昼下がりの公園で

頭をカラッポにして

なるに任せよう

そのうちに、良い風も吹くさ



ねぇ~

+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。