スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野山歩き 2

新緑の中を歩くのは気持ちが良いです。
歩いていると、いろんなことが頭に浮かんできたり、
またそれが消え去ったり。
風が気持ち良いですね。




新緑




きれいな緑たち。
植物もしっかりと生きているんだと感じます。



山つつじ



山つつじが咲いています。



山つつじ2




木の上では、野鳥がきれいな声で囀っています。
何ていう鳥なんでしょうか?
高くてよく見えませんが、声はとてもきれい。




囀り

+ Read More

スポンサーサイト

負けないで

夜明けの月




茜に、消え行く月が


微かに、呟く


私を消さないで・・・・


見えなくとも


君はいる


負けないで


頑張ったね













野山歩き

5月はハイキングにはピッタリの季節です。
私の場合は、ハイキングと言うより、
一人でブラブラと彷徨っているだけかもしれませんが、
連休を含め、ブラブラと野山を歩いて撮った写真たちです。




sagi






姫路の近く。
姫路城が白鷺城と呼ばれるのは有名ですが、
このあたりは白鷺が飛んでいるのをよく見かけます。
真っ白でとても綺麗な鳥です。
近付いても慌てることなく悠々としています。



白鷺



本当は蓮華草を撮るつもりだったんですが、きれいなんで写真を撮りました。
この後、近くの小さな山へ。





緑



新緑がきれいです。


+ Read More

「sute-nora」 ~ 心 ~

sute-nora





いつから、心が失せてしまったのだろう

俺の顔を見て逃げる子供たち

それほど、俺は醜いのか?

喉を鳴らして駆け寄る代わりに

低い唸り声を上げて身構える俺に

誰も手など差し伸べてはくれない

だから、

どれほど、傷まみれになろうとも

餌を獲らねば死ぬしかない。

そんな俺の心が見えないのなら

俺を捨てた貴様たちには、一体どんな心があるのだろう?

いっそ生まれたくはなかったと思うのは、

俺のひがみなのか?

哀れみなんぞいらない

捨てて、見捨てられた俺に、今さら何をしようというのか?

捕らえられて、そのまま殺されるなら

生きられる限り、どこまでも生きてやる。

生きていこうとするどこが悪い?

生き抜く俺の何が悪い?

俺は、ただ生きたいだけなんだ。






寂しいよ







「sute-nora」同盟の作品は下記にも同日にアップしてます。
  是非読んでくださいね。



「sute-nora」kyo-ko-cocoさんのブログ「ポエムな気分」


「sute-nora」tenkoさんのブログ「空を見上げて」



「sute-nora」同盟について掲載しています。是非読んでください!

①「sute-nora」同盟の気持ち
「生き物を飼う事はその命を 護(まも)る事」
「最後まで命を看取ること・・」
生を授かったものたちを捨てる事は、命を捨てること、殺すこと。。。
年老いた猫や犬を捨てることは、年老いた自分が捨てられるのと
同じことをしていることに気づいて欲しい。
捨てられる命は、人が手を差し伸べてあげないと生きていられない、
か弱い命なのです。
命の重さがわかった時、何とか生かしたい・救いたいという気持ちになり、
どんな命でも見捨てないよう努力をすることでしょう。
人が人を慈しむ心があるように、生き物にも慈しむ心を持ってほしいと願うばかりです。

②「sute-nora」同盟からのお願い
この企画は、あくまで個人の考えで行われています。
その為、いかなる団体・協会にも属さない事を宣言致します。
この作品を個人的に、トラックバックにされることは構いません。
しかし、
先に書いた通り、いかなる団体・協会にもトラックバックの使用・許可は出しません。
予め申し上げます、どうかご了承ください。

「sute-nora」同盟。有志一同。

+ Read More

静かな時を

夜明け








時には


小舟に揺られるように


静かな時を・・・・









舟




+ Read More

五月の風を感じて Ⅳ





あなたを包む




風になりたい






風に向かって




+ Read More

5月の風を感じて Ⅲ

穂高




思い違いか、すれ違いか

肌に突き刺すような雨は降り止まず

雲にかき消されるような、この微かな想いだけを

迷路の中を彷徨いながらも手の中に包み込んでいたい

誤解で済ませられるなら

ずぶ濡れになりながらも、待っている必要なんて何もなかった

何もないからこそ

在ったと言える真実のように

いつまでもほどけない悪意の輪の中に沈み込んで行く


だから、ここに来たんだ

本当かどうか

もうどうでもいいから

忘れたいから、ただ忘れたいから

ここに来たんだ



1本だけ煙草をすって

目を閉じて、風に向かう

体が感じるまで

風を感じるまで

あなたを想って







緑の木立




+ Read More

5月の風を感じて Ⅱ

つつじ




明日を考えて立ち止まると

吹く風がさらってくれた

きらめきが記憶を奪い

鳥の歌声がまた風を誘う

立ち止まったままでも良いと言う声と

進めと言う言葉と

それでもいい、と呟く自分

ともに生きている

時間さえ同じであれば

黙って目を閉じれば感じる風の心に

5月の風に




さえずり

+ Read More

五月の風を感じて

麦畑






走る風が誘う

遠い昔の面影

本当に逢ったのか

どこで出逢ったのか

思い出すこともできないまま

刻まれていく時間たち

君が君でいることを

願うだけで

青葉の中を彷徨う自分を見失う

眩しいばかりの光の中で

これも五月の風なのか




麦穂



+ Read More

春の色 -purple-

れんげ畑





GWも終わってしまいました。
ブログを始めて一番長い休日でした。
普段なかなか更新できない分、まとめてアップ。

紫の花って多いんですよね。
赤と青を含めて紫にしました。
心に残る色です。
特にこの春は蓮華を撮りたかったんですが、
中々出会えず、少し遠くで見つけることができました。
大阪じゃあまり見れないのかな?
それと、カタクリの花も見ることができました。
写真に撮りたかった花なんで嬉しかったです。




蓮華






もう一枚






れんげそう

+ Read More

春の色 -snow-

木蓮




今日は雨。
明け方近い今ですが、外は強い雨。
1日外には出られそうもない。

春の花の主役は白でしょうか。
でも、白って不思議な色ですよね。
色がない色。無垢な色。
黄色の派手さと比べたらなんて謙虚なんだろう。
でも、その穢れなさが人を引き付けるんでしょうか。
清楚なようで、可憐なようで、
儚く、切なく
大いに目立つって感じかな。
とにかく脱帽です、




ゆきやなぎ





ゆきやなぎ2





ゆきやなぎ3




+ Read More

春の色 -yellow-

水仙



ゴ-ルデンウィークも早くも後半戦の後半戦。
ようやくと落ち着けそうかな。
と言うわけで、撮った花の写真を少しまとめてみることにしました。
桜が中心の撮影でしたが、春にはいろんな花が咲いています。
当たり前のことだけど、今まであまり花を中心に撮ったことのなかったので、
改めてこんなにたくさん咲いているんだと驚いています。
勉強不足で、名前の知らない花の方が多くて困ります。
まずは、大好きな黄色から。




黄色1

+ Read More

飛びたい



飛翔




心に自由がないから

手足をばたつかせても

浮かない

飛ばない

飛べない


心が冷めているから

いくら言葉を探しても

伝わらない

伝えられない

届かない


飛びたい

空高くに

飛びたい






飛ぶ

プロフィール

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。