スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳を澄まして





静寂










耳を澄ませば聞こえるはずの

小さな声

忘れようとしているのか

忘れてしまったのか

目を閉じて

耳を澄まして

小さく響くその音に

再び耳を傾けよう

風の遊ぶ音か、心の声か

逃げる季節の隙間に

かき消される小さな声を

目を閉じて

耳を澄まして









水の囁き








スポンサーサイト

ゆるゆると紅は燃えて

紅葉a









散りゆく前に染まる

紅の

燃える思いの激しさか

忍べば浮かぶ

在りし日の

声の震えをなぞりつつ

夕陽の赤に混ざりゆく

その紅の滲む紅に

溢れる思いを打ちとめて

記憶の紅葉(もみじ)に火をつけて








紅葉b











+ Read More

からまつの



落葉松








からまつの林を過ぎて、
からまつをしみじみと見き。
からまつはさびしかりけり。
たびゆくはさびしかりけり。

からまつの林を出でて、
からまつの林に入りぬ。
からまつの林に入りて、
また細く道はつづけり。








落ち葉






+ Read More

秋日和



湖北の秋










空が微笑んでくれる、そんな一日

今日を忘れないでと

未来に向かって語りかけよう

太陽と水が  風と樹々が

明日のために歌ってくれる

ただの呟きでも

いつかそれが自分の歌になるように

唇に微笑を添えよう

きっと素敵な日であるように

ずっときれいな自分でいられるように

唇を微笑に変えよう










秋の光




心残り


どこに行った?









どこに置き忘れたのか

冷たかったことや

寂しかったこと

手の中に何もなかったのに

ずっと握りしめた手が

震え続けたあの日の思い

大丈夫なのか

大丈夫なのか?

自分で自分に呼びかけたはずの声が

今はもう届かないどこかに

どこかに行ってしまったはずなのに

それでもまだ心だけが

今を覚醒できないままに

明日にも心を残す

残った心の澱を

いつか燃やす日が来るのだろうか
















いつの日か

高原の秋 総集編

10月半ばに訪れた志賀高原ですが、
あれからもう1ヶ月近くになります。
山の色も、もう全然変わっていることでしょう。
長い時間かかって続けた高原シリーズ。
今回で終わりということで、最終回の総集編です。
なんのこっちゃと思われる人もおられるでしょうが、
どうかBGMでも聞きながら、ゆっくり見ていってください。









空色・風色
空色・風色





空色・風色2








枯葉色
枯葉色2







黄葉色
もみち色







白根山
白根山






+ Read More

高原の 空色・風色・秋の色 Ⅱ


渓谷の紅葉








志賀高原からの帰り道。
万座から長野に抜ける細い道を行くと松川渓谷です。
時間があったら寄ろうと思っていたのですが、
到着したのはお昼を過ぎてしまいました。
渓谷をずっと下って行くと、七味温泉という
想像力をかきたてるような温泉があるようでしたが、
大阪まで帰らないと行けないと思うと、山を下って行けませんでした。
木々に覆われた渓谷は所々紅葉し、
下から見上げたらさぞかし壮観だったろうと思います。









渓谷の紅葉2







+ Read More

高原の 深まる秋色

秋の深まり









秋に零れる光から

時が今を隠してゆく

秋に彷徨う落葉から

夢が明日を奪ってゆく

冬に向かって走り続ける風のように

いつまでも笑い続ける月のように

何もない場所から痛みが生まれる

突き刺すような紅い頬は

誰かが語る昨日の闇の中に存在し

カタカタカタと響く空音のように

梟を目覚めさせる

弔いを忘れた彼らは

羊でも追いまわすかのように

秋の背中を追い駆けてゆく

いつか出しそびれた手紙を

ようやく燃やすことができる日に

何も残らない冬が

僕の足下に来たことを知る

秋はもう何も持たぬまま

手を振ることさえないままに

声を嗄らしてしまった













静かな秋










+ Read More

高原の 秋の赤色

ナナカマド







山の赤はこの色なしでは語れませんよね。
すごく濃い赤。
実も紅に染まってます。
ナナカマドを見ると、山に来たんだなぁって実感します。







ナナカマド2








紅い実








+ Read More

高原の 山の光・木々の色

山の色







不思議と言えば不思議な風景。
まるで自分が大男になって、
山のミニチュアでも見ているような感じでしょうか。
紅や黄色に色づいた木立が笹野原に浮き立ち、
草の中からキノコが顔をだしているような風景でした。
初めて見た風景です。
まわりで見ている、何度も訪れた人の話では、
今年は色が悪いととのこと。
でも、比較する術もない私にはきれいだとしか言いようの無い景色でした。







山のキノコたち?







高原の秋色








+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。