スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の色・水の色



海の色









海の水色に覚醒される心に

同じ明日を見

同じ過去を感じ

同じ今に戯れる

僕たちはずっとこの海と共生してきたのか

あるいは生かされてきたのか

誰もいない砂浜に

輝く水の色と黒い岩礁が時間を緩やかに巻き戻して行く

聞こえるはずの波の音が静けさの中に吸い込まれ

広がる雨雲にも音を感じない

湿っぽい空気の中を

夏色の海が呼んでいるようだ

きっとあなたに向かって









海の色2











+ Read More

スポンサーサイト

奇跡の水




ルルド










大瀬崎灯台のすぐ近くに、
「井持浦教会ルルド」があります。
長崎から五島・天草と言えば、
日本のキリスト文化の発祥の地でしょうか。
遠藤周作の「沈黙」の西海もそうでしたが、
この五島もキリスト教なしには語れない所なのかもしれません。
西から来る者にとっては、言うなれば表玄関でしょうか。
この「井持浦教会ルルド」はフランスで聖母マリアが現れたルルドの町、
その霊泉を模して作られたもので、
日本で最初の霊泉地とのこと。
実際にフランスのルルドの奇跡の水を持ってきているようです。











教会











+ Read More

灯台Ⅱ



暮れゆく灯台









西の果てに消えてゆくのは

何もなかった子供の頃の思いか

懐かしく、優しく

少し淋しい

微笑もうとして微笑むことのできない

不確かな日々

それもこれも消えてゆけば

もう少しかっこよく笑うことができるだろうか










+ Read More

灯台


大瀬崎灯台













灯り

闇夜はいつもあるけれど

誰にだって灯りはある












+ Read More

花色の海と

白い花












花が生きていること

虫や蝶が生きていること

平然と自由に

僕や君や、あなたや彼女の今とは別に

彼らはずっと生きている

誰のためでもなく

誰のせいでもなく

どうしても生きている

忘れてたのかもしれない

そんな当たり前のことを














長崎アゲハ









佐世保からずっと、気になるアゲハ蝶がいました。
って言うより、アゲハ蝶がすごく目立つんですよね。
こんなに蝶々とトンボをたくさん見たのは子供の頃以来でしょうか?
写真を撮れば必ずトンボが写りこんでいるしいるし、
蝶々はたくさん飛び回っているし。
中でも、この白い斑点のあるアゲハ蝶は大阪では滅多にお目にかかれないのに、
こちらではたくさん飛んでいました。
長崎アゲハ。
長崎と言う名前がつくくらい、長崎にはいっぱいいるんですね。
少し感動。














+ Read More

五島へ


五島行きフェリー









過ぎ去って行く

さまざまな思いが

この曳航のように

気持ちよく自分の心にその跡を残し

それでいて、気持ちよく決別できるような

そんな潔さであればいいのだけれど

そんなに簡単に割り切れるものなど

どこにもないと思いながらも

ただ消え去って行く曳航に

ゆっくりと手を振りながら

手を振りながら、忘れられると

つい力をこめる手を緩めて

心も緩めて













+ Read More

長崎散歩  オランダ坂・グラバー邸



オランダ坂








オランダ坂近辺は独特の雰囲気があります。
昔の日本と外国文化のミックスされたものが、
やはり残っているんでしょうね。








煙突のある家
オランダ坂2







オランダ坂3









オランダ坂4












+ Read More

長崎散歩



中華街








遠藤周作記念館を出て南に車を走らせていると、
いつの間にか長崎市内です。
でも、もう時刻は午後の3時頃。
とりあえず、ビジネスホテルにチェック・インして、
街をブラブラすることにしました。
コンデジだけ持って、長崎散歩てな感じでしょうか。
まずは中華街。










中華街







平日のまだ明るい時間だったからでしょうか、
人通りも少なく閑散とした感じです。
夜になると賑やかになるのかな?











信号機










+ Read More

西海



西の海









西の海の海岸線を南に。
天気が好く、きれいな海の風景が続きます。
時折、小さな漁港があったりしますが、
どちらかと言えば平穏な、のんびりした風景でしょうか。
海の色は玄界灘に比べると少しグリーンで、
やわらかに思います。












西の海2













西の海3











+ Read More

佐世保から西海へ


佐世保湾









「弓張りの丘」って言う、
なんとなく雰囲気のある名前の丘です。
あいにく、朝寝坊した私には少し靄った風景が待っていました。
アメリカの佐世保基地と佐世保造船所。
他にはちょっとない景色だけれど、
佐世保っていう土地の意味を感じさせられたりもします。


さて、この後は長崎市内に行く予定ですが、
ルートは始めから決まっていました。
西海の外海を走る道。
何故か、子供の頃から漠然と西海に行ってみたいなぁって思ってました。
地図で見る本州の西の端だからでしょうか。
子供の頃の記憶をもう忘れつつある今では、
それもはっきりしませんが・・・・・・。













西海













+ Read More

九十九島 夕景Ⅲ

九十九島夕景6













手を伸ばしても

届かぬ思いは

悲しいけれど

ただ、そっと眺めていよう

いつかこの思いが

あなたに届くといいな

届かなくても

自分の思いはいつまでも変わらないよと

呟いて

お風呂の中で

涙しよう













九十九島 夕景7




夕日は沈んじゃったけれど、
その後の淡い光がとても好きです。
夢見る時間のよう。
そう思いませんか?







※写真をクリックすると、大きな画面で見ることができます。




+ Read More

九十九島 夕景Ⅱ



九十九島 夕景3













夕陽の綺麗に見える所に、
必ずといっていいほどいるのが、
私のようなカメラを持った人と、
若いアベック。
この日もやはり私より早くから待ち受けていた、
カメラマンのおっちゃん二人。
そして夕陽が落ちる頃に見事なタイミングで現れる、
カップルが数組。













九十九島 夕景4









+ Read More

九十九島 夕景


九十九島 夜へ








雲に浮かぶ飛行機雲

真っ直ぐに突き進む

そんな自分でありたいけれど

現実はくるくる回る風見鶏

明日はどっちを向いているのやら

流されないように

とどまらないように

見上げる空に尋ねよう

静かに下ろす錨の場所を















+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。