スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の日にも


冬の日








何もない冬の一日が

とても愛おしく思える

冬も、やっぱり相変わらず

こうやって空を眺めていられる

冬の日でも









+ Read More

スポンサーサイト

西の旅 Ⅱ


イルカ11














天草
天草










杖立
滝の裏側









+ Read More

西の旅 Ⅰ



呼子










9月の終わりごろから続いてきた旅行の総集編です。
のんびり見てください。













佐世保・九十九島
九十九島 夕景4









西海
西海














長崎
長崎










+ Read More

流れ落ちて



落ちる水











水音と静寂と

重い空気が漂い

落ち着かない

不安と焦燥なのか

怒りと悔恨なのか

いずれにしたって

後ろ向きばかりの思い

すべてをこの不気味な静けさの中に

蹴飛ばして行こうか











落ちる水2












+ Read More

歩みをとめて



憩う









胸の中にたまったモヤモヤを

全部全部吐き出して

透き通った空気に深呼吸

歩みをとめて今を感じれば

それでいい

「お前は頑張りすぎなんだよ」

「お前はよくやっているよ」

誰も言ってくれない言葉を自分に言って

もう一度大きな声で

「OK、すべて上手くいくよ」

と自分で答える

笑われてもいいから

笑ってくれてもいいから












緑色の川
















+ Read More

一瞬の秋



コスモス








秋の日は長く思えて

一瞬に過ぎ行く

頭の片隅にだけ残る秋を思って

もう一度、秋を思って









秋のピンク









+ Read More

裏から?



滝壺の裏








旅行の最終日は阿蘇の近く。
杖立温泉。
最終日の宿泊地は決めていませんでした。
最初は熊本市内のビジネスホテルでも泊まって、
熊本をブラブラしようかなと思っていました。
でも、考えてみると、
今回の旅行はビジネスホテルや民宿での宿泊となってしまい、
まだ一度も温泉に入っていませんでした。
せっかく九州に旅行して、温泉に一度も入らないのも、
なんだか淋しいしなぁ~
と言うわけで、当日の朝にガイドブックに出ている、
あまり有名で無さそうな温泉宿にtelしてみました。
すると何だかあっけないぐらい簡単に見つかりました。
場所もよくわからなかったのですが、
黒川温泉の少し北西。小国温泉の近くと言えばわかるでしょうか?
と言ってもこの杖立温泉、すごく由緒ある温泉らしく、
もともとは弘法大師がなんとかでできた温泉だとか。


まぁ、温泉はともかくとして、その温泉の近くにあったこの滝。
ある意味すごく有名な滝だそうです。
たぶん、みなさんも一度はテレビで見ているはずです。
わかるでしょうか?











+ Read More

我心匪石


滝と石









石のように

簡単に転がることができたら

どんなにか楽なんだろう

苔が生えても、

角がとれても、

いつまでも泰然自若な

石でありたい

滝にうたれて

打ちのめされても

いつも同じ存在でいられるような

石でありたい

心は石ではないけれど

ころころ転がるのはまっぴらごめん

だけど、だから

深々とため息











滝と石2









+ Read More

雨の足音 Ⅱ


近付く雨










足音のゆるゆるとした増幅が

体を

身体を

心も

心の中も

蝕むように

侵蝕を繰り返す

掘られた穴の中に

誰の顔が見えるんだろう?

誰の吐息を感じるんだろう?

嗚呼、神はもう、ここにはやってこないんだろうか

遠く去ってしまったのか

握りしめることさえできない

脱力した手に

雨粒が目覚めを呼んで

そっと聞き耳をたてる

足音に

雨の足音に










けれど、降らない雨

















+ Read More

雨の足音


遠くで雨の








向かってくる雨の足音に

そっぽを向いても

湧き上がるように広がる雨は

体の中に湿った匂いを溢れさせ

瞼に残る青空のかけらを

微塵も無く荒野に追い払う

それでもまだ降らない雨に

苛立つような安堵するような

冷たい微笑を浮かべて

潮風ではない水の匂いを受け入れる

もうすぐ降り出す雨の

霧のようにまとわりつく湿っぽさを

体のあちこちに感じながら

それでもまだ耳を塞ぎ口笛を吹き

風を背中に受けて座り込む

ポツポツと落ちる音に

傘を忘れたことを悔やみながら

傘がなかったことに安堵しながら












雨の音が











+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。