スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れた光

光溢れて












見つからない出口を求め

アスファルトに焼けた道を

夏に向かって行く

背中に流れる汗を感じながら

まだ鳴かない蝉の声を思い出す

下を向くんじゃないと自分に言い聞かせ

溢れる光の影に目を細める

忘れたはずの

光の束をもう一度担ぎなおして

まだまだやれるんだと

もう一度担ぎなおして
















アガバンサス














+ Read More

スポンサーサイト

紫陽花の咲く頃に Ⅱ


雨待花5











悲しい時に

悲しいと言えない

寂しいときに

寂しいと言えない

それでいいんじゃない

と呟きながら

あなたが微笑んでくれる












+ Read More

紫陽花の咲く頃に


雨待花










何かを運んできてくれると

雨が

ただ濡れそぼるだけの

雨に

霞む空を眺めながら

雨の

流れるままに

雨と

そんな風に決まって思うのは

雨を待っているのか

雨に待たされているのか

いつまでたっても乾かない心のように

湿ったシャツに手を通しながら

ふと気付いてしまう


雨に濡れたふりをしようと

わざと傘を忘れて

それでも降らない雨に

紫陽花が可哀想だと

呟いてみる









雨待花2













+ Read More

天に向かって


花しょうぶ












微笑みは

天に向かって

彷徨う魂を

解き放て












花しょうぶ2











+ Read More

雨にも


紫陽花












空梅雨

心を濡らす雨なら

渇いた心の方が

まだ少しは耐えれそうだ












紫陽花2














+ Read More

独り


ひとり








一人だけど


独りじゃないよ











+ Read More

風に溶けて Ⅱ


花菖蒲












受け入れられない運命も

手渡すことのできない心の鍵も

みんなみんな風に溶かして

明日を受取ろう












花菖蒲2











+ Read More

風に溶けて


風と












いろんな思いを

風に溶かして

いろんな夢を

風に飛ばして















風と2











+ Read More

自分のために華やかに


花一輪












誰かに見てもらうために

咲いてるんじゃないんだ

誰も見てくれなくても

独りでも

咲いているんだ













カタクリの花

















+ Read More

とこしえに


tokosieni












いくつになっても


いつまでも


どこまでも















苔のむすぶまで












+ Read More

若葉とともに Ⅱ


新緑の中で








ずっと何かに期待してた

何かっていうのが何かもわからないまま

ずっとずっと期待してた

もちろん夢を持つのは悪いことじゃない

でもそれは夢なのか

ただの甘い願望なのか

ぬるくなったペットボトルのお茶を飲みながら

気持ちの切り替わらない自分に苛立ちを覚え

今を忘れる

ずっとずっと期待していたように

ずっとずっと忘れ続けていただけなのか

今を明日を明後日を

埋没するのが嫌だと思いながら

埋没することでしか安心を得られない今に

きれいな新緑が眩しく映るだろうか

自分の錯覚ではないその1枚の緑に

どれほどの自分の思いが写っているのだろう

自分でもわからない思いを

どうして人にさらけだすんだろう












小川と水芭蕉











+ Read More

プロフィール

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。