スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺のカラスは

日本海の冬










海辺のカラスは

哀しい声で空を見上げて鳴きながら

舞い降りては飛び立ち

舞い降りては飛び立ち

風に向かって繰り返す旋回

今日も同じ行為を

明日も同じ姿を

荒れる海に見せつける

波が静まらなくとも

風が吹き止まなくとも

俺には関係ないさと

笑いながら泣きながら

繰り返す旋回

それでも立ち止まらないだけ

カラスのほうがましかと

呟くのは人の声かカラスの声か














海辺のカラス














+ Read More

スポンサーサイト

蟹か牡蠣か? Ⅱ

カッキー君










蟹か牡蠣か?なんてタイトルをつけながら、
蟹の写真は何もまったく撮っていませんでした。
11時頃金沢港に着き、市場で無事蟹を買うことができました。
この金沢港のはずれにある小さな魚市場は行ってみると結構おもしろい。
1メートル以上もある長いタコの足が1本づつ売ってたり、
寒ブリが丸ごと売ってたり、
ホッケやカレイ、ハタハタの一夜干しなんかもおいてあったりと、
魚好きにはたまらないところでしょうか。
(写真撮っておけば良かったなぁ)

金沢に着けばどこかで雪景色ぐらい写せるだろうと思っていましたが、
まったく雪はありませんでした。
その後の予定は未定。
と言うわけで、とりあえず能登半島にいってみることにしました。

上の写真は七尾市で開催されていた「能登牡蠣祭り」で取ったものです。
地元の商工会議所が主催で開いた催しのようで、
いわば牡蠣の即売所の横に仮設テントを張り、
バーベキュー用の炭火コンロをたくさん並べ、
買ったものをすぐそこで食べられるようにしたものです。
能登は今や日本有数の牡蠣の養殖地。
殻つきの牡蠣を安く売っていました。
大きな殻つきの牡蠣が1個100円。
小さなものだと2個で100円ぐらい
でしょうか。

そうそう写真のヌイグルミは、カッキー君。
この日のためにわざわざ作ったイメージキャラクターってところでしょうか?
わざわざ牡蠣をヌイグルミにしなくともとは思うのですが、
子供たちには結構人気があるみたいでした。










牡蠣ご飯









ちょうどお昼頃だったので、
私は写真の「牡蠣ご飯」 500円 を買って食べました。
臭みがなくて、すごくあっさりした牡蠣で、とても美味しかったです。
もちろん、殻つき牡蠣も買って帰りました。
牡蠣も特に生牡蠣は大好きです。












+ Read More

蟹か牡蠣か?

今庄PA










みなさん蟹は好きでしょうか?
私は大好きです。。
実は先日の能登は写真撮影のためと言うよりも、
蟹を食べたい!
と言う思いの産物でした。
仕事の関係で、この数年冬になると金沢に出張していました。
もちろん帰りにはしっかりと蟹を買って帰っておりました。
ところが昨年から金沢行きがなくなりました。
金沢なんぞに行かなくても、
どこのスーパーに行っても蟹ぐらい売っている、とは思うのですが。
スーパーの蟹は全然美味しくない。
最近流行の通信販売の蟹も買っては見ましたが、
やっぱり今ふたつです。
贅沢かもしれないけれど、金沢の蟹が食べた~い、
と思うと我慢できなくなってきました。













今庄PA2










と言うわけで、
土曜日の朝に早起きして、
いや金曜日の夜にあまり眠らずに、
(寝ようと思うとテレビで「サラリーマン金太郎」が始まり、
  結局ズルズルと見てしまい、お風呂だ、写真の準備だとバタバタしていると、
  夜中の3時を過ぎていました。)
朝の5時に起きて、眠い目をこすりながら一路金沢へ。
もちろん、そんな状態でちゃんと走れるわけもなく、
途中のパーキングで何度か仮眠を繰り返しながら、
写真の今庄PAに着いたのは9時をまわっていました。
思えば、福井県のこのあたりが一番雪が多かったでしょうか。










+ Read More

海の光

海の光












光が射すそのむこうに

輝く大地があるのだろうか

寒さに震える体を

風に逆らいながらも

前に向かって突き進めば

いつか訪れるのか

輝く未来が

そんなものが本当にあるのなら

それはどうして今ここにないんだろう

いつ訪れるかわからない幸福に

来ないかもしれない夢物語に

辛抱強く意志を貫いても

いつまでたっても変わらぬ今に

心が干からびてゆく

手を伸ばせば届く泥水の中に

夢の千分の一でも混じっているのなら

それを飲み干して

何が悪いと言うのだろう

それでもいつか

巡りあえる光があると

あなたは言うのだろうか?

虚ろになった眼差しで

それでも光を探しながら

それでも明日を探しながら















☆写真はクリックすると大きな画面で見ることができます。



+ Read More

変えてあげる

梅の木












僕が


あなたを笑顔に


変えてあげる













梅の木2










+ Read More

with you

琵琶湖の鳥たち












少しの間

一緒にいよう

何もないけど

何もできないけれど

あなたと一緒にいたいんだ











琵琶湖の鳥たち2













+ Read More

冬木立


冬木立











陽が射さない冬木立の中で

北風に舞う枯葉たちは

明日の夢など持たないまま

ユラユラと流されて

記憶を忘れて行く

寒さに震える子猫のように

どこかで丸くなることもなく

彷徨うように飛ばされて

知らない場所へと追いやられて

それでも自分の居場所がないことに気付き

初めて知る孤独の中で

それでも嘆くことも泣くことも

なにもできないけれど

やっとわかり始めた夢を守りながら

やっと見つけた夢を抱きながら

新しい記憶を紡ぎだす

春には間に合わなくとも

また逢えるって呟きながら













+ Read More

春仕度 


梅の蕾













春が来るのを信じて

今から仕度しなくっちゃ

大丈夫

春はちゃんと来るから













梅の蕾2












+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。