スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉桜の日々

葉桜001


















ぬくもりがないと

唇を尖らせた日々に

ありふれた言葉が溢れだす

カードを一枚めくっては

これは違う

あれも違うと

今を伝える言葉が見当たらない

残されたカードは多いのか少ないのか

うららかな春の日々に似合わない

閉じこもりの自分に

語りかけるものも

語りかけてくるものもない毎日を

花はただただ散っていきながら

横目でそっとでも見ていてくれるのか

そんな日々は葉桜の日々

葉桜の日々だと




















葉桜002










+ Read More

スポンサーサイト

春の歌声を Ⅱ

春に咲く6
















小さな歌声に

雨も一緒に歌ってる

晴れやかではないけれど

心優しく

どこまでも透き通る声で

鳥たちの囀りを友にしよう

短い春に

手を差し伸べて


















春に咲く7









+ Read More

春の歌声を

春に咲く
















その柔らかな光が

解き放つものは

手に入りにくいチケットのように

いつも胸ポケットの中にしまいこんだ

あなたの本当の横顔

失くさないようにと

大事にしまいすぎて

行きそびれたコンサートのように

いつまでも続く階段に別れを告げて

新しいチケットをポケットから出そう

春の歌声のするステージに

声援を送るあなたの姿であるように

僕がそっと想像できるあなたであるように
















春に咲く2




















春に咲く3








+ Read More

そこに咲く山桜

山桜

















誰も見上げてはくれないけれど

そこでしか生きられない自分には

この場所で

燃えるように咲こう




















山桜2




















山桜3

















+ Read More

道成寺・桜 Ⅱ

道成寺の桜3
















思う気持ちに嘘はないと

誓ったはずの

心に迷う己が思いに

吐く息を火炎と化す

情念は

それでもあなたを焼き尽くすまでは

どこにも消えうせることない憎しみか

悲しみか恨みなのか

恨んでも恨んでも恨みとおす激情に

勝る思いはないと

花が散る

散れぬ思いを抱えて死ねぬ身に

この春もまた遠ざかって行くのか

儚き春に儚き桜が

炎のように咲き誇る


















道成寺の桜4












+ Read More

道成寺・桜

道成寺1

















日の岬の近くに道成寺があります。
安珍清姫の道成寺です。
その怖い話とは関係なく、
この道成寺の桜も地元では有名のようです。
ただ、日の岬同様、
私が行った時は大半の桜が散ってしまった後でした。















道成寺2













私はもう随分と昔にここに来た事がありました。
私が六才ぐらいの時。
もう何十年も前の話になりますが、
その微かな記憶を辿ってみても、
今の道成寺と一致する物があまり見当たりません。








+ Read More

桜と海と

桜と海と1














青い地球に

花の季節が降ってくる

霞む水平線に

笑い声が吸い込まれてゆく

ようこそ桜

さよなら桜

また逢えるよね、きっと


流れる船に

さざなみがじゃれまわり

舞う花びらに

時が寄り添っていく

ようこそ桜

さよなら桜

また逢いたいね

きっとだよ
















桜と海と2

















+ Read More

海の春色

輝く春の海1
















やっと来たねと

海が問いかければ

やっと来たよと

春が頷く

潮風とともに

今ここにある輝きに

手を差し出して

掴み取れ

春を

















輝く春の海2














+ Read More

紀伊日の岬

紀伊日御埼灯台


















冬に出雲日御碕に行ってきたので、
この桜の季節に、紀伊日の岬に行って来ました。
ここにも出雲と同じように真っ白な灯台「紀伊日御埼灯台」があります。
出雲は日御碕灯台で、
紀伊は日御埼灯台です。
微妙に字が違うのが面白いですね。
さてこの日の岬は和歌山の桜の名所の一つでもあります。
でも、残念ながら、私が行った時には散り初めでした。

















日の岬の桜1















+ Read More

春を呼ぼう

大山1













この風も吹かない日々が

いつか折り重なって

沈殿して行く埃のような時間

振り返っても

何も変わらない時間なら

僕は何のために生まれてきたんだろう

それでもこうやって

冷たい空気に触れて見る山に

時を融解させる暖かさもあるんだと

溶けた心からため息が洩れる

泣きたくなったんだと

山が微笑むなら

積もった埃をはらって

心にも春を呼ぼう
















大山2



















大山3











☆ 写真はクリックすると、大きな画面で見ることができます。



+ Read More

咲き方も生き方も

2010桜6















ほっておいてよ


自分の咲き方は


自分で決めるから















2010桜5









+ Read More

寅さんに

2010桜
















少し肩を震わせながら

それでも寒いなんて思わないでおこう

雨の多い春は

実りの多い秋に繋がると

嘘でもいいから信じながら

自分が自分であることを

いつまでたっても

いつまでたっても

忘れないでいられるように

少しだけ心で泣いて

笑顔の寅さんになるんだ


















2010桜2














☆ 写真をクリックすると、大きな画面で見ることができます。

+ Read More

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。