スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心残り


どこに行った?









どこに置き忘れたのか

冷たかったことや

寂しかったこと

手の中に何もなかったのに

ずっと握りしめた手が

震え続けたあの日の思い

大丈夫なのか

大丈夫なのか?

自分で自分に呼びかけたはずの声が

今はもう届かないどこかに

どこかに行ってしまったはずなのに

それでもまだ心だけが

今を覚醒できないままに

明日にも心を残す

残った心の澱を

いつか燃やす日が来るのだろうか
















いつの日か

Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/112-65567766

Comment

めぐ(hinazuki) | URL | 2007.11.15 23:05 | Edit
うーん・・・うまくコトバが浮かばないんだけど
なんだかココロがずきんとくるような。
忘れたくないのに忘れなければならなかったこと、
そんな痛みに触れたような感じです。
でも、決して辛いものではなくて、愛しい痛みというか。

あー、訳わかんないコメントですね。
すみません(ぺこり

一枚目の写真にぐいって惹かれて、
二枚目の写真に癒されました^^

ながれ星さんは、フィルムカメラをお使いなんですね。
ちなみにどんなカメラ?
差し支えなければ、教えてね。

私のペンFT、もうさいこうっ!って言いたいところですが
とんでもないこと、やらかしてしまって(いやん><
只今、リベンジ中です。
撮るぞーーーっ!!
月うさぎ | URL | 2007.11.16 15:07 | Edit
握りこぶしを作って、くちびる噛みしめて
言葉をのみ込んだことを、思い出しました。
時間と共に、遠い記憶になっても
時折思い出しては、心が苦しくなります。
もっともっと、時間が経てば
思い出に変わるのでしょうかね。^^

一枚目の写真、好きです。
こういうさりげない風景写真を撮りたいと思うのです。
(*^_^*)



ながれ星 | URL | 2007.11.16 23:42
こんばんは、メグさん。

愛しい痛みですか。
それが一番厄介なものかもしれませんね。
思いをどこにも持って行けない。

カメラは昔のミノルタの一眼レフです。
古いマニュアルカメラもあれば、AFカメラもあります。
私もフィルムがちゃんと巻き取られていなくて失敗したことは何度かあります。
後でガーンとくる失敗ですね。

カメラは別にして、
レンズは昔のレンズの方が味がありますよね。
クセのあるレンズって使っていると楽しいです。
人間と同じでしょうか。
メグさんもそうでしょ?

ながれ星 | URL | 2007.11.16 23:48
月うさぎさん、こんばんは。

みんな辛い経験してるんだなぁ。
悲しみや怒りが、
いつか溶けて流れるまでに、一体どれぐらいの時間が必要なんでしょうか。
そんな時間を待っているわけにもいかないし、
かと言って、心は自分の思い通りに動いてはくれないし。

どうしようもないのかなぁ?
月うさぎ | URL | 2007.11.17 11:36 | Edit
そうそう、心って思い通りに動いてくれないのですよね。
自分の心さえもそうなのですから・・・
そうしなかったり、出来なかったり色々ですし
ながれ星さんの、心残り・・・
いつか溶けてなくなりますように。^^
ながれ星 | URL | 2007.11.17 22:04
月うさぎさん、
何度もありがとうございます。

溶けてなくなれば、
ほんとにそう思います。
月うさぎさんの嫌な思いも一緒に。
あお | URL | 2007.11.17 22:51
思い出すだけで、
胸がぎゅってなることありますね。
それは今もまだ続いていて、
ふとした瞬間に襲ってきます。
それは、きっとそのときの想いが
止まってしまってるから。
私も自分に「大丈夫なん?」って
何度も心の中問いかける事があります。
それでも、日常はどんどん進んで行ってしまうから。
それを日常の速さの中、消化するのはとても難しいことです。

追伸
そうそう、私は鳴門に住んでいます^^
分かりにくい書き方しちゃいましたね^^;
四国にはよく来られる様子^^
おいしいものたくさん食べていってください^^
リンクしていただいてるみたいで、
うれしく思いました。
こちらからも張らせていただきますね^^
風鈴 | URL | 2007.11.17 23:04
こんばんは。
心に残ったままの想いほど、いつまでも居座っていますよね。
すっきり消えてくれれば楽になるんですけどね。
消す事も忘れる事もできず、時折出てきては心を苦しめる。
いつか時とともに薄れてくるのを待つしかないのでしょうかね。
ながれ星 | URL | 2007.11.17 23:54
あおさん、こんばんは。

きっと、心の中の時間と、
普段の生活の中で流れる時間っていうのは何かが決定的に違うのでしょうね。
それでも、私たちは現実の時の中で現実に流されながらしか生きていくことができません。

仕事なんかやっている場合ではないのにと思いながら、
後ろ髪引かれるような思いを引きずりながら、
毎日は淡々と過ぎて行きます。
でも、もしかすると、
そんな風に淡々と過ぎる時間があることですごく救われる部分もあるのかもしれません。

忘れられない思いは、
忘れるなと、何かが言ってるのかもしれないと、
たまにそんな風に思えたりします。
ながれ星 | URL | 2007.11.17 23:58
風鈴さん、こんばんは。

忘れることができない事柄も、
すでに自分の一部なのかもしれません。
そんな思いがあるからこそ、
今の自分がある。
それが良いことか悪いことなのか私にはわかりませんが、
そんな風に思えるときは、
ただ風に吹かれて自分の思いを素直に見つめられればと思ったりします。
きょう | URL | 2007.11.18 00:59 | Edit
こんばんは。
2枚目の写真は・・・すごいですね。夕暮れのときなのでしょうか。
暮れていく寂しさを孤独感をひしひしと感じてしまいました。
心残り、だからこそ消え去ることはないのでしょう。
時折、忘れてはいけないよと言わんばかりに蘇って辛く苦しい想いになってしまいますが。
それでもそれは、自分が生きてきた過去のことですから。
心穏やかに受け入れるまでには、時間がかかってしまいますけど、ね。
ながれ星 | URL | 2007.11.18 01:11
きょうさん、こんばんは。

記事のコメントを書きながらいろいろと思いをめぐらせると、
なんて心をたくさん置いてきたんだろうって、
改めて自分の所在無さにあきれ返るほどです。
きょうさんの言うとおり、自分で経験した過去を消し去ることはできません。
心残りも永久に残ったままなんでしょうね。
そして、新しい幸せを見つけたとしても、残った心たちは、やはりその時のままでいるんだろうな。
いつか自分の心残りを穏やかに受け入れられる、
そんな日が来ることを願いたいですね。
それがいつでもいいから、来るといいですね。


sion | URL | 2007.11.19 15:17
こんにちは。
今日の朝はとっても寒くって、手が冷たかったなあ。

冷たい手の平に残った痛みも、いつか春のような暖かさに溶けていくときがくるのでしょう。
冷たさの記憶は残っていても、それも含めて愛していける明日を願っていたいな。

1枚目の写真が、とっても好きです^^
ながれ星 | URL | 2007.11.19 23:53
sionさん、こんばんは。

残っている冷たさの記憶を含めて愛していける明日。
そんな日がくれば、それが何よりも幸せなことかもしれませんね。
私たちは常に悔恨と絶望の間を行ったり来たりしているようなものだから。
人は一人だけれど、一人では見出せない心の在り様かもしれません。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。