スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア ・・ ミラノⅣ ・・


ドゥオーモ









ミラノのドゥオーモ(大聖堂)。
ゴシック建築の大教会。
初めて見ると圧倒されます。
が、
なんでこんなとこまで広告があるねん。
と、大阪弁で文句を言わずにおれない気持ちになりました。
改修工事の目隠しなのか、単なる広告なのか、新年イベント特設なのか、
理由はわからないけれど、
広告のないところを写真に撮りたいと思うだけ無駄みたいでした。










正面からのミラノのドゥオーモ
ドゥオーモ2









この日は運悪く日曜日。
大聖堂の中ではミサが行われており、
観光はできないとのこと。
でも、予定ではこのドゥオーモの屋上には行く予定でした。
ところがところが、
屋上が凍結していて危険なために立ち入り禁止。
おいおい。
ドゥオーモの屋上に上るのは楽しみにしていた一つ。
涙。


イタリアではドゥオーモのような大きな建物の前は、
ほとんど大きな広場になっています。
このミラノのドゥオーモの前も大きな広場でした。
たぶん、新年のカウントダウンにはたくさんの人たちがこの広場に集まり、
シャンパンで乾杯したりするみたいです。









ドゥオーモと広場
ドゥオーモ3









広場
ミラノ ドゥオーモ前広場

















ドゥオーモとスカラ座を結ぶ通りがガレリア・ヴィットリオ・エマヌエーレ2世というアーケード。
アーケード









すごく天井の高い立派なアーケード。
途中でアーケードが十字に交差しています。
アーケード2








このアーケード、作られたのは1867年。
日本では明治維新の年。
そんな昔にこんな立派なアーケードを作ったというだけで驚きです。
床も凝っていてモザイク画になっています。





アーケード3






このアーケード通りの中はカフェやレストラン、高級ブランド店が並んでいます。
何故かしらマクドナルドもありました。







アーケード4






アーケード5


Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/137-e695560c

Comment

きょう | URL | 2008.02.01 03:02 | Edit
こんばんは。
ドゥオーモの屋上に登れなかったのは残念でしたね。
屋上が凍結・・・そんなに高いの?寒いの?と思ったのだけど。
屋上から見た景色はどうだったのでしょうね。
アーケードの天井の模様も床の模様も素敵ですね~。
高級ブランド品は買えなくとも、この天井と床を見ながら歩くもの楽しそうです。
人にぶつからないようにしなといけないけど(笑)
ながれ星 | URL | 2008.02.02 21:54
きょうさん、こんばんは。

もともと最低気温は零下を下回っているので、
高い所は凍結していても不思議ではないんですが、
なんかがっかりでした。
アーケードはすごく大きくて立派でしたね。
こと建築にかけては年季が入っているとでも言うんでしょうか。
建物そのものが文化であり歴史であるって感じです。
有名な建物は改修工事をしている所が多いのですが、
むこうでは、そんなの当たり前って感じで、
あまり時間やスピードにこだわらずにやっているようです。
私たちも、もう少しゆったりしないといけないのかな?
日本人が一番急いでいるように思えました。
シェイド | URL | 2008.02.03 00:14 | Edit
西洋の石の文化と日本の木の文化。

ヨーロッパの凄惨な歴史が培った建造物。
そして愛して育んだ芸術。

文化の違いこそあれ同じものかと。
今の我々が失ったものがあちらにはあると思いませんか?

利便性だけを追い続けた結果がこれなんでしょうね。

でも残念でしたね。上ることが出来なくて。
今度はぜひ上ってくださいね。^^

行かなければ見ることが出来ない世界。
ながれ星さんの目を通して見させて頂きました。
ありがとうございます。
ながれ星 | URL | 2008.02.03 20:06
シェイドさん、こんばんは。

ヨーロッパを旅行するととても不便に感じる日本人は多いはず。
日本のようにどこにでも自動販売機があるわけではなく、
コンビニなどもほとんどない。
トイレに入るのにもお金がいるし、トイレも便座がなかったりします。
何かを守ると言う事は、新しいものを何でも受け入れないということでもあるようです。
不便ではあるけれど、長らく続いた文化や歴史を継承していくことに、
利便性以上の重みがあると感じること。
どちらが大切なんでしょうね。
今の日本は素晴らしく便利な国であることは間違いないけれど、
シェイドさんの言うように、その代償として何かを売り払っているような気がします。
日曜日は開いている店がほとんどないけれど、みんなで教会に行く。
煙草の自動販売機なんかはなくて、
煙草を売るときは、売る人が子供には煙草を売らないようにする。
そんなことはごくごく当たり前のことなんでしょうね。

Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。