スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリア ・・ フィレンツェ ・・


ミケランジェロのダビデ










芸術の都、フィレンツェ。
日本で言えば京都にあたるでしょうか。
どちらも、戦時の空襲除外地区。
昔そのままの建物が数多く残されています。
この写真はミケランジェロ広場から。
中央にミケランジェロのダビデ像があるこの広場は、
フィレンツェの町を一望できるヴューポイント。










ご覧の通り
フィレンツェの町























ミケランジェロ広場











この広場は、花嫁写真のメッカらしく、
写真を撮る花嫁さんが何人かいました。
でも、どうして花婿はいないんだろう?







まぁ、いいか。







ミケランジェロ広場2







右にあるドーム屋根がフィレンツェのドゥオーモ(大聖堂)。
昔読んだ「冷静と情熱」の舞台。
あの小説を読んでから、
フィレンツェのドゥオーモに行ってみたいと思ってました。








Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/144-4169953b

Comment

きょう | URL | 2008.02.17 00:48 | Edit
こんばんは。

フィレンツェの町を一望させていただきました。
街の色が落ち着いた色ですね。
それにしても、いいお天気に恵まれていますね♪

花嫁さんがいるのに、花婿はいないの?
二人で撮ったらいいのにね~っていらぬお世話か(笑)
ながれ星 | URL | 2008.02.18 00:26
きょうさん、こんばんは。

ヴェニスとフィレンツェはお天気が良かったです。
旅行は天気に左右される部分が多いので、幸いでした。

イタリアの町のイメージカラーは土の色。
日本が木の文化なら、ヨーロッパは土や石の文化でしょうか。

それにしても、どうして花嫁だけなのかな?
花婿がここで写真を撮ったら不幸になるとか、
あるいは、花嫁が花婿と一緒に写真撮りたくなかったのか?

私だったら、絶対に自分で花嫁の写真を撮りますね。
自分が写ってなくてもいいから、最高の花嫁姿を撮ってあげたい。

と、そんな日が来たらの話ですが。

・・・・・・・・・・


きょう | URL | 2008.02.18 01:17 | Edit
こんばんは~。
コメントレスを読んでいてですね、
そうそう景色の中は、「土の色だぁ」と。

ながれ星さんの、絶対自分で最高の写真を撮るという言葉がですね、妙に微笑ましくって(笑)
早く、そういう日がくるといいですね、
ってこれまた、いらぬお世話でした(笑)

miko | URL | 2008.02.18 11:41
こんにちは。
あの小説、懐かしいですね。
大好きです。

アルノ川も素敵ですね。
私が行ったのは、小説が出るちょっと前ですが、
また、行きたくなりました。

ながれ星さんに撮ってもらえる将来のお嫁さんが、
ちょっぴり羨ましいな・・・なんて思いました。


ながれ星 | URL | 2008.02.19 00:24
きょうさん、こんばんは。

言うだけは言わしてください。
夢見ているうちは平和ですから。

ながれ星 | URL | 2008.02.19 00:30
mikoさん、こんばんは。

う~ん、
将来の花嫁さんにはこのブログ見せられないですね。

アルノ川、落ち着いた川です。
川も歴史を背負っているんでしょうか?

それにしても、フィレンツェのドゥオーモでも、
屋上に昇れませんでした。
今回の旅行は高い所にはほとほと縁がなかったようです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。