スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨と流れて



雨と流れて









激しく揺さぶれる水に

雨の強さを知る

抗うこともできないまま

流されてゆく自分に感じる不甲斐なさと

それでも持ち堪えろと励ます自分の声に

濁流か清流か

思わず引きちぎりたいような思いを

溢れさせて勢いを強めて

どこまで流れ込めば

収まりがつくんだろうか








雨と流れて2



















雨と流れて3












雨は嫌いだけれど、
こればっかりはどうしようもないな~。
雨降って地固まる、なんて言うけれど。
あまりに強い雨は、
いろんなものを流し去り、
跡形もなく何もかもを巻き込んでいく。
流されたらいいのか、
それでも尚、苔むした老木のように
頑固に水に逆らうべきなのか。


速い流れの中で、
爽やかに芽を伸ばせるんでしょうかね?












雨と流れて4











Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/178-30cf3bc4

Comment

ネロリ | URL | 2008.06.06 22:55 | Edit
こんばんわ

ステキですね。
三枚目の画像がとっても気に入りましたv-218
優 | URL | 2008.06.07 19:20 | Edit
こんばんは。足跡を辿って伺いました。
写真がとても綺麗で、思わず息を呑んでしまいました。
この水の流れの様、すごい、の一言ですね。
どうすればこんなにいい写真が撮れるのでしょうか?

美しいだけでなく、どこか懐かしい雰囲気を感じました。
大した感想でなくてすみません…

また遊びに来させて下さい♪
シェイド | URL | 2008.06.07 22:08 | Edit
私はこれに弱いんです。^^;

この清い水の流れ、一気にきっと色んなものを
押し流してくれるんでしょうけど、山の雪解け水を湛えて流れているもの
だったら一緒に流れてもいいですね。

水の冷たささえ感じます。
きっとキーンと冷たいんでしょうね。
行かなきゃ。。。
ながれ星 | URL | 2008.06.08 01:43
ネロリさん、こんばんは。

3枚目の写真は自分でも好きです。
水の流れって見ていると不思議に心が落ち着きますよね。
どうしてなんでしょ?
ながれ星 | URL | 2008.06.08 01:48
ようこそ優さん。

懐かしい感じがするのは、
同じような風景を心に描いたことがあるからかももしれませんね。
川や木々や緑は、私たちにとっても、
原点なのかもしれません。

ありがとうございました。
また遊びに来てくださいね。
ながれ星 | URL | 2008.06.08 01:51
シェイドさん、こんばんは。

一緒に流されたらだめですよ。
見とくだけにしときましょう。
その場にとどまって、
苔が生えるまで。
君が代みたい?
沙音 | URL | 2008.06.08 13:31 | Edit
久しぶりのながれ星さんの川の流れの写真ですね^^
冷たくて気持ちいいしぶきを含んだ空気がさぁっと来るような写真です。
お水はいいですね。水音も心が豊かになります。

先日八ヶ岳に行ってきましたが、清流の音を聴きながら露をのせたお花を見ていたら、日々のいろんなことなんかどうでもよくなっちゃいました!
自然はすごいです☆
kanmo | URL | 2008.06.08 21:40 | Edit
ただただ眺めているだけでいい・・・。
ながれ星さんのような言葉にできないし・・・。

あ・・・苔むした老木は逆らっていますぅ(苦笑)~。
ながれ星 | URL | 2008.06.09 02:07
沙音さん、こんばんは。

八ヶ岳、行きたいなぁ~。
今は狭い世界に閉じ込められているような感じです。
山や川が恋しいです。

自分が今の仕事を辞めたら?
なんて考えてみても、自分の存在ぐらいで何がどう変わるわけもないし、
自然の営みはそんな個々の思惑を遥かに超えているんでしょうね。
だから救われるんだろうな。
ながれ星 | URL | 2008.06.09 03:05
kanmoさん、こんばんは。

いえいえ、
大庭みな子のエッセイの中にこんな言葉がありました。

決して保守的になってはいけません。
保守的にはいつだってなれます。
保守的にならなければならないとすれば、
それが迷いのない安全な方法だからというのではなく、
抵抗の中で、もちこたえるきびしさで意を決してやるときでしょう。
群を抜いた雄姿に生き残った者の強靭さがある老木は美しいけれど、
萎えた葉を虫に食わせている枯れかかった木には斧を入れたくなる。
最後まで努め続けるのが人生ではありませんか。


この、
最後まで努め続けるのが人生ではありませんか、
という言葉がずっと心に残っています。


Taka from Kyoto | URL | 2008.06.09 17:40
Hello
空気と命が流れていくようですね
どれもいい写真です、また、詩もいいですね!
又、お邪魔します よろしく。

See you!  (´`)/
ながれ星 | URL | 2008.06.10 02:05
こんばんは、Taka from Kyoto さん。

ありがとうございます。
私も学生の時に京都ですごしました。
今でも時折京都には足を運びます。
詩仙堂がお気に入りです。

また、遊びに来てください。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。