スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城跡


福江城跡









お城があった遠い昔、
人々はどんな暮らしをしていたんだろう?
何を思い、何に救いを求めていたんでしょうか?
小さいけれどしっかりとしたこのお城は、
どこか日本人の真面目さ、
勤勉さを象徴しているような気がしてなりません。
前回紹介した「こぼれ石」、何のためにあるのかわかったでしょうか?

答えは、武器です。
いざという時に、この石を武器代わりに使うために。









福江城跡2




















福江城跡3








幕末と言えども、武器は火器に代りつつある時代。
覚悟の戦いでも最初から意識していたのでしょうか?
「こぼれ石」は悲しい石なのかもしれません。









福江城跡4







長いようで短い五島での時間。
2泊しましたが、実際に動けたのは1日半ぐらい。
五島列島の観光で一番に来るのは、教会めぐりでしょうか。
この小さな土地に昔からの教会がたくさん残されています。
本当はもっとゆっくり教会を見たかったのですが、
少し心残りを残して帰る方が良いのかも?
いつか、また来る日のために残しておきましょう。









南洋杉2



水たまりの南洋杉が、とても元気そうで、
晴れの日が似合う五島でしょうか。











Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/225-26f06abf

Comment

きょう | URL | 2008.11.16 18:54 | Edit
こんばんは。
1枚目の写真。いつも見ている光景ですね。
この門をくぐって、高校に通ったのも
遠い昔になりました。
中には、保育園もあったでしょう?
我が家の子供二人が通った保育園なんですよ(^^)
内堀には、蓮の花が咲きます。
今は、新しい校舎ですが、
昔は、11クラスもあったマンモス高校でした。
懐かしい思い出を思い出しましたよ。
そうそう、夜は、外門、ライトアップされています。
ながれ星 | URL | 2008.11.17 02:07
きょうさん、こんばんは。

この写真を撮った時も、
学校から帰る生徒がたくさんこの門を通っていました。
学生だったきょうさんを想像することすらできませんが、
この門はたくさんの青春を見送ったんですね。
今も同じようにそこにあるだけで、すごく象徴的なものかもしれません。
それにしても、うまく五島を紹介できたんでしょうか?
今、考えてみると、
五島での時間はすごくのんびりした時間でした。
それはすごく貴重なスローライフでしょうか。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。