スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈む夕日は


野付半島の夕日














せめて今日の夕日を

脳裡に刻みつけ

眩暈がするほど繰り返し繰り返し

心の中で再現する時間を

すべてあなたがくれたものだと思いながら

嗚呼、それでも沈んで行く夕日が悔しい

リプレイできない現実の時間は

いつまでたってもこの夕日に追いつけないまま

儚くなって

薄くなって

消えて行くんだろうか



















※ 写真をクリックすると、大きな画面で見ることができます。

















野付半島の夕日2











トドワラに落ちて行く夕日は、
どこか現実なのに現実でない感じがします。
儚い夢の中で見る夕景のように
とてもきれいでありながら淋しい。
もう、自分はこの風景を二度とは見れないのかなぁ?
と何故だか思ってしまいました。












野付半島の夕日3











Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/344-a11b185e

Comment

| URL | 2009.11.29 07:50 | Edit
いい夕日の写真ですね
雲・太陽の位置が刻々と変化し
色調が変化していく様は
見ていて飽きることがありませんね

5年前ぐらいに夕日に魅せられて
よく撮影していたことがありました
最近は何故か
ときめくような夕日に出会うことが少なくなりました
| URL | 2009.11.29 08:44
まるで先生の訃報を予知していたかのような
トドワラの残照-

荒涼とした湿原の立ち枯れたトドマツの残骸と
穏やかな夕日に包まれた野付半島の海が
人生を表わしているようで‥

心からお悔やみ申し上げます。

大切な人の死はその人だけのもので
他人には推しはかることは出来ませんが
その喪失感は、
時がたつほど深くなるものだと思います。
その痛みを胸に抱きながら
それでも人は、生きて行かなければならないのですね。

「どんな一生も夢のようなものだと‥」
ながれ星さんが書いてくださったように
そんな短い一生で、大切な人に出会えたことを
幸せだと思いたい。
自分だけはその人のことを
ずーと忘れずにいたいと思います。
| | 2009.11.29 18:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます
ながれ星 | URL | 2009.11.30 02:30
こんばんは、名無しさん。

夕日の写真撮影はついシャッターを切る回数が多くなってしまいます。
どの色がいいかと聞かれても困ってしまいますが、
同じ色調の中で、こんなにも変化があるもんなんだと驚かされます。
都会で見る夕日は、夕日自体にあまり力がなくて、
でもそれが却って夕日らしくていいのかもしれません。
北海道や九州などで見る夕日は、思いのほか力強い夕日だったりします。
夕日が沈んだ後の静かな佇まいが印象的でした。
ながれ星 | URL | 2009.11.30 02:39
こんばんは、名無し2さん(後でAikoさんだとわかりました)

死ぬ直前に自分は何を思うんだろうと、たまに考えたりします。
もちろん、そんなことはわかるわけはないのですが、
夢のような人生だったと思えればいいなと思っています。
いつか見る夢の、いつかはその時のことかもしれませんね。
そのためには、自分は何をしていけばいいんだろう。
何ができるんだろう。

Hallelujah | URL | 2009.11.30 11:19
自然界も人も、大いなる存在によって
創り出されたものだとしたら
それにはいつも
始まりがあって、終わりがありますね。
そして、この時期の自然は私たちに
目に見えるように教えてくれます。
どんな形であれ
それ自体が一番美しいとされるよき日を経て
散ってゆく潔さ。
再び大地に戻り
次の春の芽ぶきの準備をする季節。
人生でそんな方に出逢えたこと実態が
淋しさを伴う、喜びであり祝福であると思います。

長々と失礼いたしました。
なんだか、前回の記事とこの写真とが重なって
感じられてしまいました。
ながれ星 | URL | 2009.12.01 02:14
Hallelujah さん、こんばんは。

死があるから、生きることに意味を見出せるのかもしれません。
生命は終わらない。
ずっとずっとどこかで繋がって行くものだと、
私もそう思ってます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。