スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宵待月と

宵待月












あまりに遠い距離

あまりに遠い時間

どんなに離れていても

今は夢の中でしかあえないあなたのように

夜を待つ月が語りかけてくれる













宵待月2

























宵待月3












月って不思議だなぁ、と最近良く思います。
夜の中にぽっかり浮かぶ月の姿に、
昔からたくさんの思いがかけられていたんだと思うと、
月って私たちになくてはならないものなんだと改めて思います。
太陽と違って、毎日満ち欠けを繰り返すその姿は、
どこか人の気持ちに通じるものがあるんでしょうね。
東の空で明るさを増す月と、
西の空で暗くなっていく夜のとばりと、
当たり前の繰り返しの中に、
1日の持つ重さのようなものを感じずにはいられませんでした。














残照












Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/346-c451f335

Comment

sunnylake | URL | 2009.12.06 15:52 | Edit
湖のはるか上で、半分に欠けた白いお月さまが可愛いです。
とても静けさが漂う写真ですね。
最後の写真も、ブルーとオレンジのグラデーションがとても美しいです。
一日の持つ重さを感じられたということですが、私はそういうことを考えることもなく、ただ時間が過ぎるままに、のほほんと過ごしていました。
もう少し、一日を大切にしなければと思いました。
Hallelujah | URL | 2009.12.07 10:44
自然移り変わりを通して
自然は優しく教えてくれることがありますね。

今は太陽暦を取り入れていますが
もともと、日本は太陰暦でしたから
月の満ち欠けが人のカラダとココロに
深く影響をしていたのだと思います。
そして、今もなお関係しているのでしょうね。

月を愛でながら
想う人を深く感じる時間。
感じないようにするよりは、
一つ一つの大事な想いを感じ
その人と自分との繋がりを
今もなお、これからも大事にしたいですよね。

美しい夕景のグラデーションと
静かに佇む海の月。
美しい眺めをありがとうございました。
きまぐれ | URL | 2009.12.07 11:18 | Edit
これはきれいなお月様。
1枚目の空もいいですが、2枚目の月が湖面に映っている表情も素敵です。
またお邪魔しますね。
めぐ(hinazuki) | URL | 2009.12.07 22:58 | Edit
月って、日々表情を変えるから、こころに響くのかな?
人と人を結んでくれたりもしますしね^^

写真で月の表情を捉えるのは難しいのに
ながれ星さんの写真はとても自然でやさしくて
月を見上げるときの気持ちを思い起こさせてくれます。

ステキな写真をありがと♪
| | 2009.12.07 23:55
このコメントは管理人のみ閲覧できます
北風小僧むじな | URL | 2009.12.08 10:29
ながれ星さん はじめまして

足跡から来ました

すばらしい写真です。


月と人間は切っても切れない関係だとあらためて思います。

人の体の中にも月があるから・・・


また来ますね


ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:20
sunnylakeさん、こんばんは。

日常の繰り返しの中で、埋もれて行く心があって、
けれどずっと昔からずっと同じ繰り返しをしながらも、
私たちに語りかけてくれる月の光の控えめな思い。
生物の長い進化の歴史も、何に動じることなく繰り返されるものがあって、
はじめて存在するんだなって思います。

静かに語りかけてくれる、私には月はそんな存在でしょうか。
ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:26
Hallelujah さん、こんばんは。

月を見て思い浮かべる人は、
やっぱり愛しい人、恋しい人のことでしょうね。
男でも女でもそれは同じなんでしょう。
反面、月には野生を呼び覚まさせるような本能に訴えかけるものもあったりと、
不思議な存在でもありますよね。
でも、いずれにせよ人の本質に関わる何かを持っているのかもしれませんね。
ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:29
はじめまして、きまぐれさん。

海に浮かぶ月はどこか神秘的ですね。
ユラユラと流れる海面に漂う月。
上手く言葉では言い表せませんが、
それを見ている時間ってとてもとても大切な時間なんだって思います。

また、遊びに来てください。
ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:35
めぐさん、こんばんは。

どんな気持ちで月を見上げるんでしょうかね?
まさか遠吠えはしないでくださいね。
まぁ、してもいいけど。


月を見て思い浮かぶ人がいれば、
それはそれで幸せですよね。
ほんとに。

ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:37
鍵コメさん、こんばんは。

ささやかな夢でいいから、
みんなで一緒に見たいものですね。
そんな日が来るのかなぁ?

また遊びにきてください。
ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2009.12.09 02:42
ようこそ、北風小僧むじな さん。

う~ん、私の中の月は沈んだまま中々顔を出してきません。
おーい。
どこにいるんでしょうかね?
そのうち出てくるんでしょうね、きっと。
どんな形の月か楽しみです。

また、来てくださいね。
ありがとうございました。
北風小僧むじな | URL | 2009.12.10 13:06
ながれ星さん こんにちわ

みんな平等に月を持ってるんですよ(笑)

肩でしょ?腰でしょ?膝でしょ・・・

ごめんなさい。からかっているわけではありません

それだけ太古の昔から自然のサイクルと人間の生活のサイクルが切っても切れない関係だと改めて思いますわ


また来ますね
ながれ星 | URL | 2009.12.12 15:20
北風小僧むじな さん、こんにちは。

なるほど。
胸もお腹も、腸や肝臓もみんなそうですね。
月は私たちの一部なんでしょうか。
私たちは地球と言う大地から生み出されたものであるし、
月も地球の子供みたいなもんですよね。
いわば私たちは月の甥っ子姪っ子ってところでしょうかね。
私たちの中の月も、空に浮かぶ月も、
ともに大事にしなくちゃいけませんね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。