スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海辺のカラスは

日本海の冬










海辺のカラスは

哀しい声で空を見上げて鳴きながら

舞い降りては飛び立ち

舞い降りては飛び立ち

風に向かって繰り返す旋回

今日も同じ行為を

明日も同じ姿を

荒れる海に見せつける

波が静まらなくとも

風が吹き止まなくとも

俺には関係ないさと

笑いながら泣きながら

繰り返す旋回

それでも立ち止まらないだけ

カラスのほうがましかと

呟くのは人の声かカラスの声か














海辺のカラス



























カラスとクルミ









千里浜の横にある車のパーキングで海を見ていると
一羽のカラスが何度も何度も降りては飛び上がるのを
繰り返しているのに気づきました。
よく見るとクルミのようなものを咥えて飛び上がり、
上空からそのクルミを落としているのです。
それでも割れないクルミ。
なんだか私たちの仕事か、あるいは人生そのものにそっくりだなと、
見ていて苦笑い。
カラスは頭が良いって言うけれど、
結局、クルミを食べることができたのかどうか?
カラスの勝手だけど、なんだか少し気になる光景でした。

















にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/359-82fbc7d0

Comment

シェイド | URL | 2010.01.30 21:35 | Edit
冬の海、特に日本海は寒さが、身に沁みるような色ですね。
曇天の所為でしょうか?

都会のカラスは石を線路において遊びますが、ここのカラスは
そのうちに、車の通りに持っていくのでしょうか?
あの車のCMのように。。。

だとしたら避けずに、踏みつけてもらいたいものです。
食べられるように・・・。
sunnylake | URL | 2010.02.01 11:07 | Edit
冬の海って、なんか寂しげで好きです。
カラスはクルミの殻を割るために、飛んでは着地を繰り返していたんですね。
賢いですね~。
他にもっと楽に食べられる物があるはずなのに、あくまでもクルミにこだわるところが面白いなと思いました。
ながれ星 | URL | 2010.02.02 01:53
シェイドさん、こんばんは。

車でクルミを踏みつけたら、
中の実までグシャグシャにならないかな?
昔、「エースをねらえ」の漫画を読んでいて、
岡ひろみが、人からもらったクルミを割ろうとして、
始めは小さな石でコンコン叩いていたけれど、
どうしても割れなくて、
両手で抱えるような大きな石でクルミを割ったら、
中の実までグシャグシャになって、
結局食べれなかったていう場面がありました。
文章にすると面白くないですが、
漫画だとすごく面白かったのを覚えています。

それにしてもこのカラス、
結局クルミを食べることができたんでしょうか?
ながれ星 | URL | 2010.02.02 01:56
sunnylakeさん、こんばんは。

意地っ張りなんでしょうかね?

行きのパーキングで見かけて、
帰りに向かいにあるパーキングから見ていると、
まだ同じことをやっていました。
3時間ばかりずっと同じことをやってたみたいです。

なんて言えばいいのか?
ガンバレでしょうか?
ほどほどにでしょうか?
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。