スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜の始まり

雲間からの光













呼んでいるのは誰か

翳った空気に寄り添うように

見えない彼岸を睨みながら

それでも帰りつかない魂に

誰がそっと声をかけるのだろう

もう大丈夫だと

安穏な日々が満ち足りるという

言葉の嘘を感じ取っているのは

あなたと私

それでも光に向かって行くしかない宿命に

呼んでいるのは自分の声だと

その時始めて気づいて


夜は今から始まるのだと














湖と杭



















雲間からの光2













もう一ヶ月前のことですが、
宍道湖の夕陽を見たくて、松江に行ってきました。
でも、あいにくの空模様。
黒い雲が空を覆う冷たい日でした。
湖岸に一人立っていると、
何をしにこんな所まで来たんだろうという気になってきます。
時間とお金をかけて、結果は期待はずれ。
よくあることだけど、
よくありすぎるよなぁ、こういうことって。
マイナス志向の連鎖。

そんな気持ちで写した写真ですが、
写真を見る限り、なんだかどこかに希望の光が感じられなくもないので、
少しほっとしたりしています。
(人がどう思うのかは、わかりませんが)














湖と杭2












その日は長距離を走って帰る気力もなくなり。
松江のビジネスホテルに泊まって、
近くの炉端で飲んだくれました。
知らない土地で一人飲むお酒の味。

なんだかわからないけれど、ついつい飲みすぎちゃいます。














湖の杭3



















おまけ。
しじみ?












にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村





Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/375-ca4fa1b9

Comment

Aiko | URL | 2010.03.10 04:51
夜の帳がおりる頃
雲間から差し込む光と
夕陽に照らされた湖面の輝きに
私も希望の光を感じました。

これから始まる夜の暗さよりも
少しだけ明るい明日が来ますように‥

心の持ち方次第で
人生は変わるような気がします。
Hiro | URL | 2010.03.10 07:27 | Edit
闇の中で、何を光だと感じるのか、どうして光と感じるのか・・・ 
人によって違うのでしょうね。当たり前の事ですが(笑)ふと、とても不思議なことに感じました。

おまけはしじみ?ですか。こんなにたくさんはすごいですね。
なんとか貝塚の写真でしか見た事なかったです。
その周りにも広がっているのでしょうね。
Allelujah | URL | 2010.03.10 11:37
闇の中の光は、
点であっても 太い光であっても
光には変わらず、
その光を信じてクローズアップするか否かは、
その人が何を求めているかに寄るのでしょうね。

ステキな光が差し込んでいますね。
闇を知った希望に感じました。

いつもステキな写真と言葉を
ありがとうございます^^
じゅりー♪ | URL | 2010.03.10 13:05 | Edit
こんにちは^^
一枚目の写真、私は子どもの時に、
天使が通る道だと思ってました^^
こんなにきれいに撮れるなんて素敵ですね^^
心癒されます^^
sunnylake | URL | 2010.03.10 16:03 | Edit
天使の梯子がとっても綺麗ですね。
特に3枚目の上向きの光が素敵です。
一人旅っていいですよね。
私も好きです。
と言ってもなかなか行けないですけど。。
自分の心の中と語り合う感じの詩ですね。
最後の貝殻の量に驚きました。
夢ねこ★ | URL | 2010.03.11 14:05
この写真が欲しかったーーーっ!!

。。。(^^;)

思わず叫んでしまった夢ねこです♪

数日前にUPした詩に合う写真がなかなか無くて。。。

『天使の梯子』が写った写真もあるのですが。。。あまり綺麗じゃなくて諦めたんです。(TT)

詩も素敵ですが、流れ星さんの写真はそこに物語を見る事ができます。

ありがとうございます♪

ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:32
Aikoさん、こんばんは。

たしかに心の持ち方次第で人生は変わるかもしれません。
でも、そう思っていても中々心が前を向いてくれないときも多いですよね。
そんな後ろ向きな姿を、なんだか愛しくなることもあります。
時には夜の中にはまり込むこともある私たち。
夜を懼れない気持ちにはなれないものでしょうか。

ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:38
Hiroさん、こんばんは。

湖岸に打ち上げられたしじみを見ていると、
この湖自体が生きているんだなと感じさせられました。
夕食で食べたしじみはすごく大きくて、
普段食べているしじみとは比べ物にならないくらい。
美味しかったです。
ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:43
Allelujah さん、こんばんは。

闇があるから光がわかるのか、
いずれにしても普段気づかない光を気づかせてくれるのは、
闇の存在かもしれませんね。
ただ、闇は光にない深さを持っているようで、
早く抜け出すにこしたことはないです。
たまには深酒もいたしかたないかもしれませんね。
(と、勝手に言いわけですが)
ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:45
じゅりー♪さん、こんばんは。

天使の通る道ですか。
私は人の魂が通る道だと思いたいです。
雲と光の演出、
何時見ても、じっと見とれてしまいます。
ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:49
sunnylakeさん、こんばんは。

光が地表と並行に差し込んでいるのはあまり見かけないですよね。
私の場合は一人旅って言うより、一人で彷徨っているだけのような気がします。
いつまで続くんでしょうか。
ながれ星 | URL | 2010.03.12 00:52
夢ねこ★さん、こんばんは。

物語になってるんでしょうか?
でも、こんな物語でいいんでしょうか?
なんだかさまにもなっていないような感じですが、
あとは見る人の物語にお任せでしょうか。
良い物語を完成させてください。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。