スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を閉じて

石仏1














僕には何もないから

石になって

見守ることしかできないけれど

辛くなったら

目を閉じて
















石仏2














にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
















石仏3













兵庫県加西市にある石仏公園です。
もともとここには「古法華三尊石仏」と言う、
日本で最も古いと思われる石仏(白鳳時代)があります。
残念ながら、その古い石仏を見ることはできませんが、
この公園では現在でも石仏が作られています。
写真の石仏は今の時代の石仏たちです。
加西市には他にも、「北条五百羅漢」と言う有名な石仏がありますが、
いずれの石仏も誰が何のために作ったのかという理由もわからなければ、
その資料すら残されていません。
ただ、思うのです。
石仏を作ろうという思いは、今も昔もそんなに変わらないんじゃないだろうかって。
いくら時代が変わっても、
人には尽きない悩みがあるでしょうし、
どうにも解決しようもないことはたくさんあるものです。
今も昔も、
何かに思いを託そうと作った石仏たち。
目を閉じて、静かに見ていました。
















石仏4












Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/405-074beabd

Comment

sunnylake | URL | 2010.05.16 14:09 | Edit
とても優しくて穏やかなお顔ですね。
人もいつもこういう顔でいられたらいいのにと思います。
それには、やっぱり長い年月が必要かなとも思いますけれど。。
それにしてもたくさんの石仏ですね。
小さい子どもが見たら怖がったりして。。。
シェイド | URL | 2010.05.16 22:12 | Edit
ご無沙汰しております。^^

この石仏を見ていると、和歌山の田辺の磨崖仏を
思い出しました。

従兄弟がいたので連れて行ってくれたのですが、初めて見た磨崖仏に感動した事をしました。
水が綺麗でとても良いところでした。

誰がこんなに沢山のものを作り出すんでしょうね。
それだけ煩悩が多いということでしょうか?
表情がとても柔らかくて素敵ですね。

助手を務めて下さる方を見つけましたか?
きょう | URL | 2010.05.16 22:54 | Edit
こんばんは。
ご無沙汰ばかり・・・で"^_^"

石仏を作る心のうちは、
おっしゃるように、今も昔も変わらないと思います。
石仏へ託す思い、願い、恐れ。
生きていくうえでの心のよりどころでも
あったのかもしれませんね。

よりどころとなってくれる人も欲しいものですね(笑)

ながれ星 | URL | 2010.05.17 00:42
sunnylakeさん、こんばんは。

確かに子供が見たら怖がるかもしれませんね。
でも、怖がってもいいから子供に見せてあげたいなって思います。
私の独りよがりかもしれませんね。
ながれ星 | URL | 2010.05.17 00:46
シェイドさん、こんばんは。

表情が柔らかなのは、
これが現代の石仏だからかもしれません。
願望が石仏にも込められているんでしょうね。
何時の世も煩悩だらけなのかもしれません。
満足できないのが私たちなんですから。

助手ですか?
どこにいるんでしょうかね?
おーい助手!
ながれ星 | URL | 2010.05.17 00:55
きょう さん、こんばんは。

こちらこそご無沙汰しています。
人は何らかの方法で自分のより所を見つけようとしているんでしょうね。
きょうさんの詩や、私の写真もその一つかもしれません。
それでもどうしようもない時は、こうやって石仏でも彫りたくなるのかもしれません。
思いの結晶だと思って見ると、自然と手を合わせている自分がいます。

シェイドさんの真似をしちゃだめですよ。
あーいうのも年季がいるんですから。
きょうさんにはまだ早いですよ(笑)
夢ねこ★ | URL | 2010.05.17 04:00
なんて穏やかなお顔をされた石仏さん達なのでしょう。。。

見ているとこちらの心までほっこりしてきますね♪

人はいろいろなものに想いを託して創りあげます。

そう。。。このながれ星さんのブログもまた。(^^)

いつもありがとうございます♪

lavandre | URL | 2010.05.17 05:03 | Edit
石仏って全部お顔が違っているのですね。
眺めていて飽きないような気がします。
たまにはゆっくりと石仏を眺めながら散策する
そんな優しい気持ちにさせてくれます。
石仏の奥から一種のオーラが出ているのでしょうか。
気持ちが穏やかになれそうな気がします。
Hiro | URL | 2010.05.17 07:25 | Edit
おはようございます。
お地蔵様にとても惹かれるんです(笑)
ん~ ずっと撫でてて歩きたいです。
こんなにたくさんの和やかな笑顔を
見ていると今日一日笑顔で過ごせそうです。
育ち盛りということで、頑張ります(笑)
ありがとうございます。
ながれ星 | URL | 2010.05.19 00:35
夢ねこ★さん、こんばんは。

きっと、作った人の願望が石仏に表れているんでしょうね。
こうありたいと思う表情はみんなほぼ同じなのに、
どうしてこんなにすれ違いが多いんでしょうか。

ほっこりと見てくださいね。
ながれ星 | URL | 2010.05.19 00:41
lavandre さん、こんばんは。

石仏の多くは稚拙なものが多いです。
たぶん、石仏など作ったことのない人が作ったからです。
職業でも趣味でもなく、石仏を作る意味はなんなんでしょうか。
上手く作ることが目的ではなく、
ただ作ることに心を込める、作者知らずの石仏なんでしょうね。
だから、心がほっこりするんだと思います。

私たちが作る詩のようなもんでしょうかね(よく言いすぎかな?)。

ながれ星 | URL | 2010.05.19 00:48
Hiro さん、こんばんは。

日本には一体どれだけのお地蔵さんがあるんでしょうかね?
やっぱり人の煩悩の数ほどあるんでしょうか。
最近は帽子をかぶったお地蔵さんも多く見かけますが、
親しみやすさで言えば一番ですよね。

こちらこそ、ありがとうございました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。