スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹く風を心の友と

吹く風を1












吹く風を心の友と

私がげんげ田を歩いていた十五の春は

煙のやうに、野羊のやうに、パルプのやうに、


飛んで行って、もう今頃は

どこか遠い別の世界で花咲いているであらうか

耳を澄ますと

げんげ色のやうにはぢらひながら遠くに聞こえる




あれは十五の春の遠い音信なのだらうか

滲むやうに、日が暮れても空のどこかに

あの日の昼のままに

あの時が、あの時の物音が経過しつつあるやうに思える


それが何処か? -----  とにかく僕に其処に行けたらなあ・・・・

心いっぱいに懺悔して

恕(ゆる)されたといふ気持ちの中に、再び生きて

僕は努力家にならうと思ふんだ ----





                   中原中也














吹く風を2














にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

















吹く風を3
















「吹く風を心の友と」を最初に読んだのは私が十六歳の頃でした。
読んだ途端、好きになってしまった詩です。
当時のことは、もうすっかり忘れてしまったけれど、
今読んでも、何度読み返しても、
その度に心の中のどこかに強く共鳴するものを感じます。
それが何か、大人になったら少しはわかるんだろうかと思っていましたが、
大人になればなるほどわからなくなってきています。
いつか、わかる日が来るんでしょうかね?















吹く風を4






Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/407-9be099b8

Comment

Aiko | URL | 2010.05.20 05:52
中也さん 私も大好きです。

ずっと思っていたのですが
私がながれ星さんの言葉に惹かれるのは
たぶん- ながれ星さんの書く詩や言葉から
中也さん的な匂いを色濃く感じるからなのかもしれません。

ちょうど生誕百年の秋に
新山口駅からガタゴト列車に乗って
生家跡に建つ記念館を訪れたことがあります。

「これが私の故里だ
 さやかに風も吹いている‥

 あゝおまへはなにをして来たのだと‥
 吹き来る風が私に云う」

中也さんの想いが胸に刺さります。

| | 2010.05.20 07:05
このコメントは管理人のみ閲覧できます
lavandre | URL | 2010.05.21 06:46 | Edit
懐かしいですね~あたり一面満開のれんげ畑
子どものころよく「れんげ畑で」寝転がって
遊んだものです。近所の子と首飾りや
王冠を作ったのを思い出しますね。
こちらではれんげもチラホラで寂しく思います。
れんげの香りが漂ってきそうです(*^_^*)
sunnylake | URL | 2010.05.21 15:56 | Edit
れんげの花、綺麗ですね。
うちの近くでは咲いていないみたいで。。
れんげを見ていると子どもの頃を思い出します。
中原中也さんの詩、とっても素敵ですね。
言葉に趣きがあると思いました。
| | 2010.05.21 17:31
このコメントは管理人のみ閲覧できます
じゅりー | URL | 2010.05.22 06:34
レンゲ畑^^昔よく蜜をすいましたよぉ~^^
そして、首飾り作って^^
のどかな子ども時代ですね^^

ながれ星 | URL | 2010.05.22 12:42
Aiko さん、こんにちは。

現代詩と違って言葉がストレートで、
あまり捻っていないところが良いですね。
誰もが思うようなことを、
誰にでもわかる言葉で、それでいて個性豊かに。
三十歳の死。もう少し長生きしてほしかったです。

山の近くを走りながら、
母親に似て汽車の汽笛は鳴る。
   夏の真昼の暑い時。


ながれ星 | URL | 2010.05.22 12:46
鍵コメさん、こんにちは。

ワインと食事のマリアージュのように、
素敵な詩とマリアージュできたらよいですね。
ありがとうございます。
ながれ星 | URL | 2010.05.22 12:56
lavandreさん、こんにちは。

子供の頃は春になるとれんげのタンポポの花を思い出しましたが、
今はすっかり減ってしまいましたね。
れんげの田んぼにヒバリの声。
ずっと残ってほしいです。
ながれ星 | URL | 2010.05.22 12:59
sunnylakeさん、こんにちは。

都会の近くではすっかり見かけなくなりました。
この写真は石仏の写真と同じ兵庫県加西市ですが、
このあたりでは春になるとまだまだれんげをたくさん見ることができます。
こんな風景に出会うと、田舎暮らしをしてみたいと思ったりします。
ながれ星 | URL | 2010.05.22 13:01
鍵コメさん、こんにちは。

そうですね、中也を読むのはやっぱり十代の頃ですよね。
もし十代のときに中也と出会わなかったら、
なんだか損をしたように感じます。

また遊びに来てください。
ありがとうございまいた。
ながれ星 | URL | 2010.05.22 13:06
じゅりーさん、こんにちは。

そう言えば、最近はれんげ畑でも、子供の姿を見かけることはありませんね。
昔と何かが大きく変わってしまったんでしょうか。
昔は、れんげの蜜を吸ったり、サルビアの蜜を吸ったり、
楽しかったですね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。