スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩燕

舞う岩燕2

















海風が燕の声を運び

朝を告げる

道路脇の古ぼけた店は

まだずっと眠ったままで

鈍く光る潮の引いた岩場に

覚醒を促す匂いが立ち込める

携帯を握りしめたまま

押せない絵文字に

中途半端なのは

明けてもまだ早い時刻のことか

自分の気持ちか

答えを出さずに

解放した耳を空に向け

舞いながら踊る岩燕に手を差し出してみる

届かぬ空を舞いながら

折り目正しく巣穴に戻る岩燕

少し羨ましくて

再び握りしめるのは

自分の拳なのか携帯なのか



















橋杭岩1

















☆ 写真はクリックすると大きな画面で見ることができます。
  小さな燕は画面が小さいとぼやけるので、大きな画面でどうぞ。







にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村
















舞う岩燕3















和歌山県の橋杭岩です。
夜明け前の朝焼けの写真を撮りたかったのですが、
到着した時はもう夜が明けてました。
橋杭岩には昔から言い伝えがありますが、
この岩はとても硬い岩で、
本州の最南端で長年風雨にさらされても、
侵蝕されずにずっと残っています。
遥か昔に地球の中のマントルが噴出して冷えたものがこの岩だとか。
(間違ってたらすいません)
この岩にはたくさんの亀裂が入っていて、
そこに岩燕が巣を作っているようで、
たくさんの岩燕が飛び交っていました。
燕ってずっとずっと飛び回っていて大変だなぁと思いながら、
日本のサラリーマンも同じようなものかなと、ついつい思ったり。
燕は夜ぐらいはぐっすり眠ってるんでしょうかね?


















橋杭岩2







Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/423-99c98760

Comment

sunnylake | URL | 2010.06.19 15:23 | Edit
とても切り立った岩ですね。
すごく強そうです。
人が近づくのを許してくれないようなそんな威圧感を感じました。
ツバメたちの巣が見えましたでしょうか。
早朝の静けさが、詩からしんと伝わってきました。
お店や岩の様子が素敵な表現だなと思いました。
Kukomi | URL | 2010.06.19 21:31 | Edit
こんばんは^^
とても険しい岩肌ですね。
朝の光と影がとても素敵で、見入ってしまいます^^
岩燕は子育ての時期でしょうか、忙しそう^^
都会の鳥たちは、巣を作る場所がとんどんなくなってきていると聞きますが、
ずっと残しておきたい風景だなぁと思いました(^-^)
| | 2010.06.20 01:29
このコメントは管理人のみ閲覧できます
lavandre | URL | 2010.06.20 03:37 | Edit
弘法大師が一夜にして作ったという伝説が
残る橋杭岩ですね。
親類が和歌山ですので年に何度か行き帰りに眼にするんです。
じっくり眺めた記憶がないですが写真で観ると
又違った感じがしますね。橋杭岩の
写真もよく観るのですが構図が違うのでしょうね。
神秘的な感じも受けてとても綺麗です♪

名無しは私でした。
書き忘れて申し訳ないです。ごめんなさい(-_-;)

いちごっ娘 | URL | 2010.06.20 17:01
こんにちは~
マイブログへお越し頂きありがとうございました!

写真すごいですねー
映画の1シーンみたいです。
他の写真も何だか写真とは思えないほど
スケールの大きさを感じます。

又遊びに来ますー
ながれ星 | URL | 2010.06.20 19:00
sunnylake さん、こんばんは。

残念ながら巣を確認することはできませんでした。
岩の切れ目の深い所にあって見る事はできないのだと思います。
室戸岬と同じように大きな岩がごろごろしています。
他ではあまり見られない風景ですよね。
いつか赤く染まった夜明け前の写真を撮りたいです。
ながれ星 | URL | 2010.06.20 19:06
Kukomi さん、こんばんは。

もうそろそろ大きくなった雛たちが試験飛行を始める時期でしょうか。
燕の姿を見ることも都会では少なくなりましたね。
家の軒先に巣を作る、ものすごく身近なはずの燕ですが、
やっぱり昔ながらの木の家が少なくなってるんでしょうね。
あと何年かすれば、都会の子供達は燕や雀も知らずに育っていくのかもしれませんね。

ながれ星 | URL | 2010.06.20 19:08
鍵コメさん、こんばんは。

どうも暖かいお言葉ありがとうございます。
またいつでも遊びにきてくださいね。
よろしくお願いいたします。
ながれ星 | URL | 2010.06.20 19:14
lavandreさん、こんばんは。

身近な所にあると、案外と素通りすることが多かったりしますよね。
でもこのあたりは空気もきれいだし、夜の星空はすごいですよね。
このままの自然を残していって欲しいです。

それにしても弘法大師の伝説って多いですね。
四国はもとより、全国各地にあって、実際はどんな人だったんでしょうね。
タイムマシーンがあれば、会って見たい一人です。
ながれ星 | URL | 2010.06.20 19:19
ようこそ、いちごっ娘 さん。

ありがとうございます。
自分では身近な自然を撮っているつもりですが、
きっといちごっ娘さんの回りにも同じような自然がたくさんあると思います。
できればもっともっとスケール感のある写真や、
反対に細やかな精緻溢れる写真も撮りたいと思っていますが、
中々進歩しないようです。

また遊びに来てください。
風ヤギ | URL | 2010.06.21 01:16 | Edit
とてもきれいな光ですね
自然の写真は私には難しくってなかなか撮れません
なんか波の音や鳥の鳴き声が聞こえてきそうで癒されます
時々来ています
ながれ星 | URL | 2010.06.21 23:28
風ヤギ さん、こんばんは。

時々なんて言わずに、
しょっちゅう来てくださいね。
でも、時々来る方が新鮮かもしれませんね。

何かを忘れたい時にまた来てください。
ありがとうございました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。