スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聞こえぬ声を 2

後姿
















あなたの声を僕は知らない

あなたの生きていた姿も僕は知らない

何を思っていたのか

何をしたかったのか

時には悲しみ

時には嘆き

表情にすらだせぬ慟哭に襲われ

石に刻み込むしかなかった日々を

いつか誰か振り返ってくれるのだろうか

風化する石にだって

まだ心が残っていることを




















嘆き



















沈思黙考



















木陰で一息?























にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

















五百羅漢7
















前回の続きです。

いろんな表情の石仏があるので、
写真を見てください。
人によって思いはさまざまあると思いますが、
いろんな思いがあってよいのだろうと思います。






















五百羅漢8



















五百羅漢9



















五百羅漢10



















五百羅漢11




















五百羅漢12














Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/460-9baddf16

Comment

sunnylake | URL | 2010.09.12 10:26 | Edit
本当にいろんな表情がありますね。
少しうつむき加減のも印象深いです。
これは本当に何のために作ったのか知りたいと思いました。
こんなにたくさんの数を作った理由があったはずだと思います。
ただはっきり言えることは、一つ一つに心または願いが込められているということでしょうね。
Hiro | URL | 2010.09.12 19:30 | Edit
村の人みんなで、一体ずつ作ったのでしょうか・・・
それとも、一人の人がずっと作り続けたのでしょうか・・・

どちらにしても、時間を越えてその場を共有できるのは素敵なことです。
そこにある想いに触れられただけでも、感慨深いものがありますね。
ながれ星 | URL | 2010.09.14 01:27
sunnylakeさん、こんばんは。

ほんとに、何のためにこんなにたくさんの石像を作ったのか?
でも、わからないからこそ見えてくる真実もあるのではないでしょうか。
自分の心に思い浮かぶ理由を信じれば、それが正しいのだと思います。
ながれ星 | URL | 2010.09.14 01:32
Hiroさん、こんばんは。

物を残すというのは、時間を超越した出会いがあると、
これを作った人たちは感じていたんでしょうか?
時間は風化していくけれど、
思いは続くのだと思いたいものです。
いつの世でも。
myu | URL | 2010.09.14 23:18
沢山の石造の写真に魂を感じました。
なんだか心の奥を見透かされているような気がしました・・・きっと自分の心にやましい部分があるからか。
自然と昔の人の想いにはごまかせませんね。私も流れ星さんのように、自然と向き合う時間を作ろうと思います。心磨かれるように。。。
ながれ星 | URL | 2010.09.15 00:55
myuさん、こんばんは。

そうですね、これだけたくさんの視線にさらされると、
自分の心を見透かされていると思わないではいられませんね。
でも、やましいことのない人間なんていないだろうし、
そんな気持ちがあるからこそ、人はこんな石像を作ったりするんでしょうね。
自然と向き合う時間、
自然と抱き合う時間。
大切に。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。