スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抹茶の心

抹茶
















疲れて果ててました。
最近してなかった登山。
山登りなんてする気はなかったのだけれど、
何となく登り始めたのが運のつき。
何の準備もしてなかったので、
初めての山なのに地図も無く、どんな地形なのか、
どれくらいの距離があるのかもまったくわからないまま歩いて、
案の定道に迷うし、バテバテでした。
峠を越して、きつい下り坂を降りて、
やっとのことで辿り着いた○○○ヒュッテと書かれた看板のある山小屋。
そこには年配のおばさんが黙々と仕事をしていました。



















峠の道















ヒュッテの前にへたり込んだ僕を少しも気に掛けることなく、
あっちへ行っては洗い物をして、こっちへ来ては草むしりと、
おばさんは忙しく動き回っている。
しばらく休んで一息ついたあと、
道がまったくわからなくなっていた僕は、
そのおばさんに道を尋ねた。
暫く躊躇したあと、あばさんは無愛想に、そこならここからすぐ近くにあること。
そこに行くには、とにかく下る一方なので、
下り道の方だけを選んでを降りて行ったらいいと教えてくれた。
そのあと、登山口に戻る道について、
今やって来た道以外に、他に違う道がないのか聞いた。
同じ道を引き返すとしたら、また峠を越さなければならない。
今降りてきたきつい斜面を、今度は反対に登ることがどれほどきついか、
身をもって感じていたからだ。
僕の質問に、おばさんが怒り出した。
「道が良くわからないのなら、新しい道に行かないで、
今来た道をそのまま帰ってください」
きつい語調でおばさんが言う。
「必ず来た道を、来たとおりに帰ってください。
それが一番確かです」
そう言うと、すぐにその場を離れていく。




















道端の花














僕の傍を離れながら、おばさんがぼそぼそと独り言を呟いている。
「あの女の子は可哀想な事をした」
「言った通り行ってくれれば良かったのに・・・・・。」
「あの子は可哀想な事をした。」
「あの子は可哀想な事をした。」
どうやら以前に道を教えた女の子が遭難したみたいだ。
だから道を教えたくなかったのだろう。



おばさんの後姿を見送ったあと、
教わった通りに下りの道を選んで歩いて行く。
下るのはいいけれど、下れば下るほど、
帰り道は反対に登らなければならない。
無謀にも昼前から登り始めたので、時刻は二時半。
どんどん下って行く道を歩いていると、
帰りの登りの辛さばかりが頭を過ぎり、
日暮れの早くなった秋が少し不安に思えてくる。
結局10分ばかり歩いたあとで、
目的地に行くのを中止することにした。





















にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村






















抹茶2















ヒュッテの近くの道で草を刈っていたおばさんは、
引返して来た僕を怪訝そうな表情で見ている。
「もう時間も遅いし、今日は行くのを諦めました」
そう言う僕の言葉に、
「その方がええ、その方がええ」
と言いながら、引返す僕について来る。
ヒュッテの前に来ると、
「ちょっと待っときや」
そう言ってヒュッテの中に入っていく。
暫くして、お盆を持ったおばさんが出てきて、
「どうぞ飲んでいってください」
と、羊羹の添えられたお抹茶を、古い木のテーブルの上に置く。
恐縮する僕に
「心だから」
と言い残して、また草を刈りに行くおばさん。




普段は食べることの無い羊羹ですが、
羊羹があんなに美味しいと思えたのは、
生まれて始めてかもしれません。
少し苦いお抹茶を飲みながら、
ふっと心が軽くなった瞬間でした。

ありがとう、おばさん。

















秋色へ19























Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/467-f6d20bd2

Comment

みんこ | URL | 2010.09.29 10:21
きょうはドラマでした
名わき役だったのは おばあさん
助演女優賞
いちおう ながれ星さんは主演ね

裏千家の茶盆ですね
Amin | URL | 2010.09.29 20:46 | Edit
こんばんは~
こんなおばさんとの出会いは素敵ですね♪
ながれ星さんの事を真剣に考えてくださっていたんですね。
山登りはきちんとした計画や装備が必要だと
よくわかりました。
この場所へ行ってみたいと思うようなお写真ばかりです。
おきた | URL | 2010.09.29 21:10 | Edit
う~ん、実にいい話ですね。
人との出会いは一期一会と言いますけれども、今回はまさにそんな感じです。

しかもどの写真も、物語を進行する上でイマジネーションを掻き立ててくれるような作品で、記事を読んだ後、ジ~ンとしてしまいました。

Tomosu | URL | 2010.09.30 15:55 | Edit
こんにちは。
このお抹茶と羊羹の裏には、こんなドラマがあったのですね~
山小屋にお抹茶セットって、ちょっと驚きましたが、
心が込められたおもてなしのお茶は、さぞかし極上の味だったことでしょう^^
何事もやり遂げることばかりではなく、途中で引き返す勇気も必要なのですよね。
忘れられない、温かい思い出になりますね(^-^)
ながれ星 | URL | 2010.10.01 00:53
みんこさん、こんばんは。

こんなメタボな主演者だったら人気もでないでしょうね。
痩せなくっちゃ。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 01:05
Aminさん、こんばんは。

山を侮ったら、山にしっぺ返しされます。
ちゃんと準備していきましょう。
ちょっと怖そうなおばさんでしたが、
実は優しいおばさんでした。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 01:08
おきた さん、こんばんは。

下手な文章でごめんなさい。
一期一会と言えば、本当にそうなんだろうなって言う気がします。
でも、たぶんこのあばさんは、私の記憶の中ではずっと生き続けるんだと思います。

ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 01:11
Tomosuさん、こんばんは。

そうですね、年を重ねるにつれ、
引き返すことの大事さがわかってきました。
仕事でも同じですよね。
私も山小屋にお抹茶って、不思議な取り合わせだなって思うのですが、
山の涼しい風に吹かれて飲むお茶も、格別でしょうか。
シモやん7 | URL | 2010.10.01 02:04
2枚目の山道のシーン・・・すごく心が打たれました

クメゼミ塾長 | URL | 2010.10.01 02:35
一枚目
シンプルで素敵ですねえ。
意外性があります。
夢ねこ★ | URL | 2010.10.01 09:41
とてもとても 温かくて

とてもとても 美味しそうな写真♪

いつもと感じが違うなぁ。。。と思ったら

こんな物語が。(^^)

忘れられない写真の一枚ですね。。。★
sunnylake | URL | 2010.10.01 15:07 | Edit
誠実そうなおばさんに心を動かされました。
最初怒った口調だった理由が、なんだか切ないです。
でも、本当はとっても温かい方だったんですね。
こういう人を尊敬します。
この時の羊羹と抹茶の味は、きっと忘れられないでしょうね。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 23:15
シモやん7さん、こんばんは。

普通の峠道ですが、
ススキがきれいでした。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 23:16
クメゼミ塾長さん、こんばんは。

そうですね、
私もお抹茶の写真なんて撮るとは思ってもいませんでした。
しかも山の中ですし。
でも、こういうこともあるんでしょうね。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 23:18
夢ねこ★ さん、こんばんは。

疲れていたからでしょうか?
甘い羊羹がとても美味しく思えました。
夢ねこさんも、運動してから食べるようにしましょう。
ながれ星 | URL | 2010.10.01 23:20
sunnylakeさん、こんばんは。

無愛想なおばさんだったので、
余計に嬉しかったです。
人は見かけによらないし、
誰が何を抱えているのかもわからない。
だから心なんでしょうか。
Aiko | URL | 2010.10.02 07:16
人の言葉の裏側にあるもの。
人は他人の言葉でひどく傷ついたり、時には幸せになったりするけれど‥
「言葉は心を届ける道具です」
ある方のその言葉を、大切にしたいと思っています。
でも、もし一杯のお茶とお菓子を出していただけなかったら
おばさんの本当の心は分からなかったかもしれませんね。

お茶の心はおもてなしの心-
その人のために何が出来るのか
いつも考えられる人でありたいですね。
お茶碗の絵柄もとても可愛くて和ませていただきました。
ながれ星 | URL | 2010.10.03 18:43
Aikoさん、こんばんは。

自分の心さえ掴みきれないことが多い今は、
中々人の心まで捉えることは難しいようです。
相手の気持ちになって考えようとはしていても、
ついつい自分本位になってしまいがちですよね。
少しの心遣い、ちょっとした気配り。
できないからこそできるようになりたいと思います。
言葉は大切ですが、その言葉の裏にあるものを少し感じ取れるように、
人も自分も、肩の力を抜いて生きられるように、
日々精進したいです。
レイといた夏 | URL | 2010.10.15 19:55
初コメ、おじゃまします。

 おばちゃんの本当の優しさが見えたようで、

 お写真と文章に心を奪われました!

 ぜひ、リンクさせて頂きたいのですが、

 よろしいでしょうか?

 ちなみに僕も水瓶座です。
ながれ星 | URL | 2010.10.15 23:28
レイといた夏さん、こんばんは。

ご訪問ありがとうございます。
長い文章を読んでいただいてありがとうございます。

リンクはもちろん大歓迎です。
私の方もさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。