スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪色京都  大原9 大原の里

大原の里5
















今日にありがとうと


まだ雪の降る空に頭を下げて


それでも笑って見ている


寒さを感じないのは


あなたの眼差しがずっとあるから


あなたがずっといるから

















大原の里6




















にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


















大原の里7
















雪色京都の最終回です。
今回も長く同じような風景ばかりで申し訳ありません。
大原は京都市内からバスに乗れば、
簡単に行けて街中の喧騒から逃れられる場所です。
個人的にはこの大原には夏に行った記憶はほとんどなくて、
ほとんどが冬から春先の寒い時期ばかり。
それもかなり辛い記憶と重なることが多くて、
いつからか足が遠のいていました。
今回の大原は何十年かぶりの訪問で、
昔と変わっていないところが多くてほっとしました。
ただ数年前に焼失した寂光院の姿が、
再建されたとは言え、昔と違っていて写真を撮ることもできませんでした。
昔はバスを降りて、寂光院に向う途中で、
ほうじ茶を売っている休憩所のような所があって、
そこで熱いほうじ茶を飲みながら寂光院に向かい、
古ぼけた菩薩様を眺めるのが、むしろ三千院に行くよりも好きでした。
きっと今の新しい菩薩様もこれから長い年月を重ねるにつれて、
昔のような味わいがでてくるんだろうなと思いながら、
失ったものの大きさを感じずにはいられませんでした。
ただ、この大原の里はそれなりに変化はあるのだけれど、
今でも昔とあまり変わることなく訪れたものを優しく包み込んでくれているようで、
なんだか訪れた後もずっと暖かい余韻が続いていました。
どうか機会があればこの大原をゆっくりと訪れてください。
春夏秋冬いつ訪れても爽やかに暖かい大原です。




















大原8








Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/526-3ac03326

Comment

kaori | URL | 2011.02.06 00:44 | Edit
こんばんわ。
雪景色のお写真、こちらが最後なのですねー。

京都にも、雪にも縁のない地域にすんでいるのに
こちらのお写真を見ていると
なぜか懐かしい気がするなあと思ってみていました。
大原行ったことないのですが、行ってみようかな。。

雪の京都も名残惜しいですが
次のお写真もたのしみにしていますね^^*
Aiko | URL | 2011.02.06 07:50
おはようございます。
大原の里には、高校の修学旅行で行ったことがあります。
建礼門院がわが子の菩提を弔いながら
その晩年をすごしたという寂光院は
ものの哀れを感じさせて、とても好きな場所でした。

雪色京都- もう終わりなんですね。
自分は、こうして暖かい部屋でぬくぬくと過ごしながら
綺麗な雪景色を眺めさせていただいていますが
これだけの写真を撮るのに、一体どれだけの時間
歩き回られたのかと考えると、少し胸が痛みます。

でも、いつもありがとう‥‥ です。
八宝菜 | URL | 2011.02.06 13:11
ご訪問頂きありがとうございます✿
事後報告で大変申し訳ありませんが
エッセイにドキッとしてしまい
リンクさせて頂きました。

これからも読ませて頂きます^^
淨太郎 | URL | 2011.02.06 14:15
こんにちは

まるで、水墨画のような景観で…

いつも、思いますが、お写真を観ていると、その場に立っているような、感覚を覚えます。

自分が、写真をしているからなのでしょうか?

素敵な、世界を、ありがとうございます!
Amin | URL | 2011.02.06 22:11 | Edit
こんばんは~
大原の雪景色堪能させていただきました。
寒い中を歩かれたのでしょうが
こちらへは大変さ以上に感動が伝わってきます。
いろいろな風景が記憶に残ります。

写真と言葉といつも楽しませていただいてありがとうございます。


安底羅 | URL | 2011.02.06 22:16
 今晩は。
 雪をみていると眼のごみを掃き落としてくれそうな気がする。熱燗がほしくなってきた。
TOMATOの夢 | URL | 2011.02.06 23:43
こんばんは。

大原の雪色、 最終なんですね。
寒いなかでの撮影 大変だった事と思います

大原の里は 温かい故郷の様に感じます
機会があったら 訪れてみたいと思います。

素敵な写真を見せていただき
本当にありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2011.02.06 23:54
kaoriさん、こんばんは。

人の記憶の中には個人的な記憶だけではなく、
遺伝子に刻まれた記憶がずっと受け継がれて行くんでしょうね。
大原の里の風景は、日本人のDNAに深く刻み込まれた里山の景色。
懐かしく心休まる風景、ずっとこのままあるといいですね。

ながれ星 | URL | 2011.02.06 23:59
Aikoさん、こんばんは。

私が苦役でもしているみたいですね。
でも、私は写真が撮るのが大好きでこうやって写真を撮っているのです。
この大原で写真を撮っている時間はとてもとても楽しい時間。
そして自分にとってとても大切な時間です。
心遣いはありがたく思いますが、心配しないでくださいね。
写真を撮っている時はとても幸福です。

ありがとう。。
ながれ星 | URL | 2011.02.07 00:05
ようこそ、八宝菜さん。

何にドキってされたんでしょうか?
少し暖かくなりましたが、まだまだ体には注意してください。
リンク、ありがとうございます。
私の方もリンクさせていただきます。

これからも、よろしくお願いいたします。
ながれ星 | URL | 2011.02.07 00:11
淨太郎さん、こんばんは。

どうなんでしょうか?
私と感性が近いのかもしれませんね。
あまり凝った写し方はできないので、
できるだけストレートに伝わればいいなと思っています。

また遊びに来てください。

ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2011.02.07 00:13
Amin さん、こんばんは。

今回の大原も、
こんなに雪が積もっているとは思ってもみめせんでした。
写真の多くは偶然のもたらしてくれたもの。
これからも、少しでも素晴らしい偶然と遭遇できるように、
いろいろと行ってみたいです。
ながれ星 | URL | 2011.02.07 00:16
安底羅 さん、こんばんは。

いえいえ、眼のゴミだけでなく、
もっと大事な所の埃も落としてくれますよ。
熱燗、いいすね。
雪を見ながらゆっくり飲めたら最高ですね。
ながれ星 | URL | 2011.02.07 00:22
TOMATOの夢 さん、こんばんは。

大原は北国のように雪が積もることはありませんが、
たまに積もる雪景色はとてもきれいです。
いつかゆっくりといらしてください。

こちらこそ、ありがとうございました。
宇宙ガール | URL | 2011.02.07 17:45
この静寂の中にも
じっと耐えて春を待っている野菜たちも

体はすごく寒いけど

心がなんか温かい

そんな心地よさを

ありがとう・・・・・・・・
Hiro | URL | 2011.02.07 19:01 | Edit
これで終わってしまうのですか。
ちょっと名残惜しいです。

「かまくら」というものがありますが、雪も、
人にはわからないけれど・・・
どこか温かな部分があるのかもしれないですね。

素敵な雪の世界を、ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2011.02.09 00:52
宇宙ガール さん、こんばんは。

心が冷えてしまったら、体がいくら温かくとも悲しいですよね。
反対なら、少々は我慢できるでしょうか。
大雪の年の野菜は、なんだかとても美味しいような気がします。
ながれ星 | URL | 2011.02.09 00:55
Hiroさん、こんばんは。

人も動物も自分自身が温かいもの。
本来持っている温かさを逃がさないようにしたいですね。
いろんなことが起こる世の中ですが、
最後に頼るのは自分の温かさです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。