スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Walk in 土佐 2

土佐スナップ7













この写真を撮ったのは良く晴れた2月の朝。
なんだかとても遠い昔のような気がします。
特別何かがあるわけではないけれど、
何もないのが平和だと感じられるような穏やかな時間。
そんないつもと同じような、
そしてかけがえのない一日。


















土佐スナップ8












高知城の傍にある公園では、
梅の花がとても好い香りを放っていました。
思わず立ち止まってしまうほど。















土佐スナップ9


















にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村






















土佐スナップ10












高知城のまわりをぶらぶら歩いていると、
ある記念館に辿り着きました。
「寺田虎彦記念館」
なんだか今思うと嘘のようですが、
何故かそこにすんなりと足を踏み入れてしまいました。
寺田虎彦は高知県出身なので、
その記念館があっても何の不思議もないのですが、
「天災は忘れた頃にやって来る」と改めてその言葉を思い出しながら、
しばらくの間、小さな庭を眺めていました。
どういうわけか、たくさんの灯篭が置いてありました。
写真の灯篭は日月灯篭。
下の写真を見るとその意味がわかると思います。
















土佐スナップ11











何のために、こんなにたくさんの灯篭を置いているのか、
わかるべくもありませんが、
この記念館に置いてあるのはごく一部で、
昔はもっとたくさんの灯篭があったとか。











こちらの灯篭には、まわりに干支が彫ってあります。

土佐スナップ12














今さらながら灯篭の写真を見ると、
めぐる時間の中に立って灯りを灯すものが灯篭であるような気になってきます。
それは一日一日の繰り返しであったり、
何年もかけてめぐる年月であったり。
時間の中にはどこか節目があって、
その節目をずっと照らし続けるものが欲しかったのかもしれないなぁ、なんて・・・・
















土佐スナップ13























土佐スナップ14














Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/548-e0b3f408

Comment

sunnylake | URL | 2011.04.07 15:43 | Edit
モノクロの写真をじっと見ていると、不思議な感覚になりますね。
異次元の世界を見ているような、そんな気持ちになりました。
灯篭は、時間の流れを感じますね。
Hiro | URL | 2011.04.07 22:56 | Edit
夜道の道しるべ・・・
集められた方は、作り手の祈りが聞こえたのかもしれないですね。

私達のの生きてきた時間を遥かに越えて
これらの灯篭は、たくさんのものを見つめてきたのでしょうね。

ながれ星 | URL | 2011.04.08 00:57
sunnylakeさん、こんばんは。

モノクロはカラーに比べると情報量が少ないですが、
その分シンプルな良さがあります。
過去を語るにはモノクロが一番しっくりくるような気がします。
ながれ星 | URL | 2011.04.08 01:00
Hiroさん、こんばんは。

なるほど、夜道の道しるべですか。
どういう思いでこの灯篭を集めたのか知る由もありませんが、
闇夜に浮かぶ灯りの有難みを、
誰よりも感じていたのかもしれませんね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。