スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葉っぱたち


2011葉っぱたち

















呼んでいる 



囁き合って



育っていく



泣きながら



笑いながら



時には叫びながら



今生きている


















2011葉っぱたち2





















にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村




























2011葉っぱたち3















毎年毎年同じように育っている森の木々にも、
その年によって、雨が多かったり少なかったり、
温度が高かったり低かったり、
虫の被害があったり、台風にあったりと、
やっぱりそこにはさまざまな出来事があって。
年輪を見ると大きく成長できた年もあれば、
ほとんど成長できなかった年があったりと、
葉っぱたちも日々何かと戦っているんだなぁと思います。
私たちの一生よりはるかに長く生き続ける木々たちは、
たくさんの葉を茂らせながら、
きっといろんな思いを囁きあっているんだなって思います。
木々や葉っぱたちの声を聞き取ることはできないけれど、
どこかで葉っぱたちの思いを感じ取る事ができたらいいでしょうね。
梅雨真っ只中、葉っぱたちはたくさんの雨の中、
何を思ってるのかなぁ・・・・・・。





















2011葉っぱたち4


























2011葉っぱたち5















Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/575-bf25282b

Comment

アリー | URL | 2011.06.18 22:52
黒い影の中に新緑がとても色鮮やかで
まぶしい光の中の緑も素敵ですね^^

自然の中で大きく深呼吸して樹木の声を聞けたら
人間のせっかちさに対し説教されるかもしれませんね^^
銀天ジロー | URL | 2011.06.18 23:43
黒バックのアンダー気味の背景の中で
緑色の深さをしっかり出されていますね
絶妙なバランス取りが流石ですね
ほうきぐさ | URL | 2011.06.19 07:10
おはようございます。
疲れています。
だから、とっても元気が出ました。

日々なにかと戦っている葉っぱたちの
向うは、明るい光が射してるんですものね。
sunnylake | URL | 2011.06.19 12:37 | Edit
可愛い葉っぱたちですね。
特に丸いのが好きです。

少しずつ重なり合って色の濃淡を作っているのが、自然の芸術ですね。
最後の葉っぱたちは、何かを主張しているように感じました。
orenge | URL | 2011.06.19 16:28 | Edit
あのチェルノブイリでは自然が大胆に生きているそうです。
人間がいなくなった街に、野生が伸び伸びと息づいていて、人を見ても逃げないそうです。

緑の葉っぱは目に優しい、透ける光が一緒に包み込んでくれそうです。
いつもながら自然には(?)目線が優しいですよね。^^
自然だけではないですね。^^;

訪問ありがとうございます。
ながれ星 | URL | 2011.06.20 00:46
アリーさん、こんばんは。

本当に、木々や葉っぱたちは人間のことを何て思っているのか?
案外私たちのことなんて眼中に無いのかもしれません。
人の繋がりも、自分だけで終わるものではありません。
きっと長い長い連鎖があって、いろんな繋がりがいろんな奇跡や偶然を起こしているんでしょう。
ながれ星 | URL | 2011.06.20 00:51
銀天ジロー さん、こんばんは。

デジタルだと、黒がゆるくなってしまいますね。
こういう場面はフィルムで撮った方がしっくりときそうですが・・・・。
実際、あまり深く考えないで撮っています。
その方が良い結果がでたりして。
ながれ星 | URL | 2011.06.20 00:54
ほうきぐさ さん、こんばんは。

疲れていても中々休むこともできないときがありますよね。
覚悟を決めて乗り切りましょう。
疲れたら、いつでも遊びに来てください。
ゆっくりと。
ながれ星 | URL | 2011.06.20 00:56
sunnylakeさん、こんばんは。

何を主張しているんでしょうか?
でも、これだけ瑞々しく葉っぱを広げているんだから、
少しぐらいは話を聞いてあげなくちゃね。
ながれ星 | URL | 2011.06.20 01:02
orenge さん、こんばんは。

どうなんでしょうね?
優しくありたいとは思っていても、
すべてのことに優しい目を向けられるほどできた人間にはなれそうもありません。
でも、自然はいつも控えめですが、
それでいてそこか芯の強さを感じます。
当たり前ですかね。

チェルノブイリの話を聞くと、風の谷のナウシカを思い出しますね。
人が破壊した自然を、自然はどこかできれいにしようとしているのかもしれません。
トマトの夢3 | URL | 2011.06.20 04:31
黒の中に緑が映えて美しい葉たちです

重なり合って 道行く人の傘になって
あげましょう・・なんて思っていそうです^^
みどり | URL | 2011.06.20 09:35
おはようございます。
今初めてご訪問させて頂きましたが、ながれ星さんのBlogに涙が出てしまいました。
震災以降、私の周りでは様々な事が起こり、毎日色々な思いで生きています。震災から3ヶ月経った今頃になっても、第三者には理解してもらえない事も沢山あり、そんな方々の言葉に最近とても心が疲れていましたが、そんな時に流れ星さんのBlogを拝見し、とても心癒され、優しい気持ちになりました。
どうもありがとうございました。またご訪問させて頂きますね。
Hiro | URL | 2011.06.20 21:30 | Edit
光に透ける葉を見て、手のひらを
日差しにかざした時の透明感を思い出しました。
葉も手のひらも、その中に脈々と流れるものは
同じものかもしれないですね。

こころも、光に透けるような透明感で
いられたら嬉しいです。
ながれ星 | URL | 2011.06.21 01:46
トマトの夢3 さん、こんばんは。

人は別にして、大きな木の下は鳥や昆虫や小動物の憩いの場でしょうか。
共生するのが自然な姿なのかもしれません。
ながれ星 | URL | 2011.06.21 02:19
ようこそ、みどりさん。

言葉にならない言葉があると思います。
悪意や偽善も確かに存在しますが、
今はたくさんの人たちが実際に言葉をかけることができなくとも、
被災された方々を思いやろうとする心の言葉に溢れていると思います。
いろんな弊害や問題がまだまだ山積みですが、
多くの人たちの祈りの声を信じるしかないような気もします。
元気をだしましょう。
一緒に。
ながれ星 | URL | 2011.06.21 02:26
Hiroさん、こんばんは。

本当に、葉っぱと手のひらってよく似ているかもしれませんね。
中々透明にはなれないけれど、澄んだ水のようになりたいですね。
いろんなものを潤す澄んだ水に。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。