スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧堺燈台 1

旧堺燈台














私が住んでいる堺市は大阪市のすぐ南にある都市です。
安土桃山時代に港として栄えた日本で最初の自治都市で、
千利休の生誕地でもあります。
写真の燈台は明治10年に造られたもので、
造られた場所にそのまま現存する燈台としては、
日本最古のものと言うことです。
木造の小さな可愛らしい燈台です。(今は使われてはいません)


私は生まれも育ちもこの堺ですが、実はこの燈台を見るのは初めてのこと。
灯台下暗しとはよく言ったものです。
ずっと堺に住んでいながら、自分の周りのことも知らないのもなんだかなぁ、
とは以前から思っていたことでもあり、
今回は散歩がてら、この旧燈台周辺をスナップしました。














旧堺燈台2













にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村













旧堺燈台3










堺は古くは大和朝廷のあったところ。
世界で最も大きな古墳である仁徳天皇陵のあるところでもあります。
古墳がたくさんあって子供の頃は古墳でよく遊びました。
古い歴史のある土地のわりには、観光施設などはほとんどなく、
大阪のベッドタウンと言うのが現在の堺市の姿でしょうか。
そして堺のもうひとつの姿が工業都市としての堺市です。
海岸を埋め立て造られたコンビナートは、
今も変わらずたくさんの会社が密集しています。
この堺燈台のある場所も、今は埋立地に囲まれ、
観光名所と言うにはあまりに殺風景な場所になっています。
燈台のすぐ後ろには高速道路が通り、
人目につかないように追いやられているような感じさえ受けるでしょうか。













旧堺燈台4














Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/599-ab8d623e

Comment

teanomo | URL | 2011.09.20 03:20 | Edit
ながれ星さん、遅くの時間ですが、こんばんわ。
大阪の堺市にお住まいなのですね。
旧灯台があるなんて知りませんでした。
大阪に2年住んでいた時にはよく堺や天王寺あたりまで遊びに行ってました。
そのうち堺市にはよく行ってました。
コンビナートや造船所の風景は、私の住む瀬戸内海近辺でもたくさん見られますが、知らない土地での風景は新鮮です。
良い天候の日の撮影らしく清々しい写真が見れて良かったわと思いました。
koaporo | URL | 2011.09.20 07:10 | Edit
おはようございます。

どこか強さも感じる灯台ですね。

小さいけれど、同じ姿で、長い間変わって行く海を見ていてくれて、なんだか安心しますね。



sunnylake | URL | 2011.09.20 12:01 | Edit
私も実家が堺です。
堺と言っても広いですが。。。
灯台があるのですね。
知らなかったです。
まっ白でレトロな感じがいいですね。
トマトの夢3 | URL | 2011.09.20 17:19
こんにちは。

可愛い 灯台ですね

なんとなく ホッとさせられます☆
萌永 | URL | 2011.09.21 07:33 | Edit
木でできているのでとてもいい雰囲気の灯台ですね。
萌永もこんもりとした緑の古墳で遊びたいですね、
古墳で遊んだとはいい思い出ですね。
orenge | URL | 2011.09.21 09:00 | Edit
おはようございます。
私も知りませんでした。釣りに行ってた場所と少し違いますが、海は大好きです。

昨年でしょうか、私が知ったのは。
仁徳天皇御陵は今は大仙陵古墳といわれているそうです。
それに憤りを感じていますが。
宮内庁が天皇の陵墓と認めているのに、学者が在り得ないと。

私にはそれがありえません。ずっとそう教えられてきたのに・・・。

こんな可愛い灯台があるなんて、最近の私は井の中の蛙です。^^;
Hiro | URL | 2011.09.21 11:30 | Edit
木造の灯台なのですか。
波をかぶることもあったと思いますが、
とてもしっかりした姿ですね。

木の逞しさ、改めて感じました。

はい、花の名前はデュランタです。
白いものもあるようです。
lunaya | URL | 2011.09.21 21:11 | Edit
ながれ星 さま

はじめてコメントさせて頂きます。

実は…、この灯台は我が家から車で
10分程のところにあります。
ずいぶん前に堺駅から探して探して
辿り着いた時には、あまりにも小柄で
びっくりしたものでした。(笑)
その後、時々車の運転席からチラっと
見かけ、その度にふっと優しい気持ちに
なる、そんな灯台です。

今回、ながれ星さんが素敵に撮って下さったので、何だか私も嬉しくなってしまいました。
他のお写真も、添えられている言葉も優しいです・・。

素敵なひと時を有難うございました♪ P☆
みかうさぎ | URL | 2011.09.22 13:37
この白い木造の灯台 温もりを感じるので
学生の頃から何度も訪れています。

寂しげにポツンと建っていますが、
ここに来ると希望の光が見えてくるような気がします☆

素敵なお写真 ありがとうございました☆

笠ぼん | URL | 2011.09.22 15:31 | Edit
初めまして。隣町の西成区に住む4人の父親です。堺にこんな灯台があったなんて知りませんでした。どの辺りでしょう?

これからまた宜しくお願いします。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:33
teanomoさん、こんばんは。

堺のどこに遊びに行ってたんでしょうか。
自分で言うのもなんですが、堺ってあまり見て回ったり、
遊んだりするのには不向きなところだと思ってました。
海も埋め立てられてるし。
瀬戸内の綺麗な海が羨ましいです。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:36
koaporo さん、こんばんは。

この小さな燈台は昭和43年まで現役を続けていました。
明治10年からだと、結構な年数です。
まわりが海岸だった頃から、大きく変化した風景をずっと見てきたんでしょうね。
堺にとっては、ずっと残しておきたい財産だと思います。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:39
sunnylakeさん、こんばんは。

白い灯台は多いけれど、
木でできた灯台は少ないですね。
やっぱり温もりを感じます。
いつか訪れてみてください。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:43
トマトの夢3さん、こんばんは。

できた頃は、さぞかし明るかったことでしょう。
明かりが灯らなくなった今では、
人の心に明かりを灯しているのかもしれませんね。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:50
萌永さん、こんばんは。

家の近くに履中天皇陵があって、
何かと言えばそこで遊んでいました。
昔は柵などはなく誰でも自由に中に入ることができたので、
釣りをしたり、昆虫を取ったりしてよく遊びました。
このあたりの風景も昔と一変しました。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 00:58
orenge さんこんばんは。

どうなんでしょうか?
このあたりは大仙地区なので、簡単にそう読んでいるだけなのではないでしょうか。
この大きな古墳は時の権力者のお墓にまちがいないですから、
気にすることはないと思います。

ちなみに私の通っていた小学校は大仙小学校で、
仁徳天皇陵のすぐ近くにありました。
わたしたちは古墳のことを、
「ごりょうさん」と呼んでいました。
天皇陵だと初めて教わった時は、
すごく違和感がありました。
自分たちの共有の場所みたいな親近感があったのでしょうね。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 01:02
Hiroさん、こんばんは。

昔の建築物(お寺なんか)もそうですが、
驚くほどしっかりしているものが多いようです。
もう少し周りの風景がレトロだったらいいのになぁ。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 01:07
lunaya さん、こんばんは。

堺駅から歩いて探したのでは、さぞかし大変だったでしょうね。
昔はこの近くに水族館があったりと、
町並みは随分と変わったみたいですが、
この小さな燈台には、これから先もずっと堺の姿を見守って欲しいですね。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 01:11
みかうさぎさん、こんばんは。

今回私が訪れた時も、男女のカップルが何組かいましたが、
デートスポットになっているのかな?

一度見ると、また見たくなるような燈台ですね。

こちらこそ、ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2011.09.23 01:15
笠ぼん さん、こんばんは。

場所は大浜公園のすぐ近くです。
今時4人の子供ってすごいですね。
西成だとすぐ近くですから、子供連れで遊びに行ってください。

ありがとうございました。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。