スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011 浄土平 抱きしめて

2011浄土平湿原3

















抱きしめて



愛を



抱きしめて



生命を



抱きしめて



夢を




抱きしめて


















2011浄土平湿原4

























にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




















2011浄土平湿原5















枯葉色の叢が風になびいています。
小さな水溜まりが草と抱き合っているような、
いい雰囲気の湿原です。
紅く染まりつつある草紅葉はちょっと情熱的なあなたの想い。
少し足をとめては風景に見入りながら、
いつの間にか夕暮れが近づいてきます。
抱くのか、抱かれるのか、抱き合うのか。
自然の抱擁は心に響くのかなぁ?
とにかく、
抱いて、抱かれて、抱きしめて。




















2011浄土平湿原6
















Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/639-3b15c097

Comment

kurara.ai | URL | 2011.12.02 07:09 | Edit
ながれ星さん、おはようございます。
いきなりの情熱的なタイトルにビックリでした。
ドキっ!でしたー!

そうですね、自然もじっとそこにいてお互いに風の流れにそって抱きあい、抱かれ合い、そしていたわってる感じがながれ星さんの詩で気づかされました。
寒いこの季節だからでしょう、とくに群れの中でお互い抱かれ合い分かりあってるように思いました。

生きとし生けるものすべてが、愛をもって抱かれ合って生きるのが純粋なのですね。
愛情をもっての抱かれたい気持ち、大切ですね。

自然界は静かで人間よりもずっと誠実な生きものかもしれませんね・・。
sunnylake | URL | 2011.12.02 19:10 | Edit
ほんとに水たまりのようですね。
でも、小さいのに深さが分からなくて、心惹かれます。
紅葉した草が一斉に風になびいている様は、美しいですね。
最後の写真、水に浮かんだ青空がとっても綺麗だなと思いました。
anmoyayai | URL | 2011.12.02 22:01
人は自然の中で自然のエネルギーに抱かれていると心から安らげますね。

水溜りの中の空と雲・・・。

水溜りに映った世界・・・今自分がいる世界・・・
どちらが本当は真実なのかしら。

以外に現実のほうが映った世界だったりして(^^)

素敵な世界をありがとう。
sakakkey | URL | 2011.12.03 09:54
はじめまして、さかっきーと申します。

度々ご訪問させていただいています。

はじめてみた時からこのブログは素敵だなと思っていました。

多く言葉は必要の無い美しい写真と癒される音楽
素敵過ぎます。

今回私のブログで、
こちらのブログを紹介させていただきたいと思います。

今後ともよろしくお願いいたします。
y. | URL | 2011.12.03 17:45
こんにちわ~^^v
素敵な写真が又・・このそらを写した水たまりの写真惹かれますね~
草こうようの風にふかれた姿、いだかれてるのではないですか?紅葉の風景と一緒に宇宙に・・大きな懐に・・

ララ | URL | 2011.12.04 08:46
晩秋の雰囲気がヒシヒシと伝わってきます。
この時期はいろいろな色があって絵になりますよね。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:01
kurara.aiさん、こにちは。

日本でも最近はhugすることが珍しくなくなってきましたが、
抱き合うのはすごく自然な行為だと思います。
親が子を抱きしめるように、
愛しい人と抱き合うように、
友人や仲間と喜びを分かち合うために、
そして、悲しみを和らげるために。
抱き合うことが言葉以上の何かを伝える術であることは、
たぶんみんなわかっているのだと思います。
自然も同じと言う気がしました。
みんな抱き合ってます。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:04
sunnylakeさん、こんばんは。

水たまりの中にも青空がある。
世界っていろんなところに広がってるような気がします。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:08
anmoyayaiさん、こんばんは。

自分の中では自分の世界が真実だけど、
それはとても小さな世界かもしれませんね。
それでも、そこから抜け出せない私たちは、
こうやって自然の中で違う広がりを思うしかないのかな。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:11
ようこそ、sakakkeyさん。

一人でも多くの人にブログを見ていただけるのは嬉しいことです。
拙いブログですが、どうかよろしくお願いいたします。
ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:13
y.さん、こんにちは。

そうですね、所詮私たちの存在はちっぽけなもの。
きっと大きな何かに抱かれているんでしょうね。
ながれ星 | URL | 2011.12.04 16:16
ララさん、こんにちは。

紅葉から枯葉に至る風景は、
日本人の最も好む世界かもしれませんね。
侘び寂び。
花。 | URL | 2011.12.04 17:14 | Edit
伺うたびに、心があたたかくなったり透き通ったり。
今日は特に、とても深いところが揺れました。
ながれ星さんの言葉がとても好きです。
Hiro | URL | 2011.12.05 23:50 | Edit
かわいい池ですね。
青空と雲がとてもくっきりで、綺麗です。
空の世界?水の世界?
いつまでも眺めてしまいそう。
ながれ星 | URL | 2011.12.06 01:18
花。さん、こんばんは。

どうなんでしょう?
私の拙い言葉をそんな風に受け止めること自体に、
自分自身に内包するものがあるのだと思います。
自分を好きでいてください。
ながれ星 | URL | 2011.12.06 01:20
Hiroさん、こんばんは。

水の中にも永遠の世界が隠されているのかもしれないですね。
水の中の空も、やっぱり空なんだなぁ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。