スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強さを

剣






夏でも冷たく感じる風が

背中を少し伸ばしてくれる

動かないその力強さの前に

どうしていいのかわからなくなる

揺れるなと思っても

たやすく揺れ動く心のあり様は

なんて無様なんだろう

捨てることもできない未練な思いは

この自然の前に畏縮して声もでやしないじゃないか

小さな小さな心が

この大きな大地の中で

どんな声をあげればいいのだろう

いつか、

この思いがその思いの中だけでいいから

揺るぎない強さを持てるように

あの山と同じ、静かな強さを持てるように





立山





剣2





夏山の季節です。
こうしている今もたくさんの人が山に登っているんだろうな。
何故人は山に登るのか?
登った後の目を見張る景色は、写真よりも心の中に焼きついて、
登らないと味わえない世界。
いつも変わらずそこに在る山のように、
自分をアピールするわけでもなく、
来るものを拒むわけでもなく、
いつも泰然自若としたその雄々しさには憧れます。
あの山のような人になれたらなぁ、と無理を承知で思ったり。
またいつか行ってみたい夏山です。









剣岳

Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/71-0107686d

Comment

みぃこ | URL | 2007.07.28 15:27 | Edit
ダイナミックですね!
山の大きさ、力強さが迫ってきます。
登山されていたのですか?
tenko | URL | 2007.07.29 00:14
夏山ですか。
ほんと力強さを感じますね。
人を受け入れながらも どこか受け入れていないような・・・。
逆かな?(笑)
ながれ星 | URL | 2007.07.29 01:42
こんばんは、みぃこさん。

山は好きですが、特に登山をしていたわけではありません。
ただ、高い所に行くのが好きなだけかも。
山に登るのはすごく贅沢なことのように思います。
また登ってみたいです(その前にダイエットですかね)。
ながれ星 | URL | 2007.07.29 01:56
tenkoさん、こんばんは。

強さって難しいですね。
雲仙のように人にとっては凶暴な自然もたくさんあります。
でも、もともと自然は人のためにあるのではないんですよね。
だからこそ、その雄大さに感動するのかなぁ。
tenkoさんも夏山登山、一度トライしてみてはいかがでしょうか。
kyo-ko-coco | URL | 2007.07.29 05:48
おはようございます。

山の揺ぎ無い自信に満ちた姿には
憧れよりも畏怖を感じます。
受けいれながら拒絶する姿。それが山の美しさを
際立たせているように感じます。

昔から、動じない強い心がほしいと思っていました。
今は、いくらでもしなることのできる、
強さがほしいと思ってます。
ピンピンシニア | URL | 2007.07.29 08:38
立山、また行きたいなあ。
剣は行ったことありません。
きらり | URL | 2007.07.29 09:21 | Edit
私は強い!強い!ってずっと自分に言い聞かせてきました。
弱くってもいいのかもしれないな~って
最近思うようになりました。
でも、弱い自分はやっぱり好きじゃないです。
ながれ星 | URL | 2007.07.29 23:34
きょうさん、こんばんは。

しなるような強さですか。
上手いこと言いますね。
いくら強いものでも、粘りのない物は壊れやすい、
これは物質の基本的な性質です。
たしかにそうですね、
いくら強くても上には上がいるもんです。
受けとめながら逃がす広さも必要でしょうか。
海のように。
人は海の広さに憧れ、山の力強さにため息します。
両方持てればいいけれど、
不器用な人間にはどちらか一つに絞るのがせいぜいなところでしょうか。
ながれ星 | URL | 2007.07.29 23:42
こんばんは、ピンピンシニアさん。

私も剣を眼前に見るまでで、実際に剣岳に登ったことはありません。
登山家にはスリルがあって登りがいのある山だそうです。
私が写真を撮ったあたりは、立山に一泊して朝早く登山を開始すると、
割と登りやすいコースだと思います。
真夏でも冷たい風で景色は最高です。
ぜひチャレンジしてください。
ながれ星 | URL | 2007.07.29 23:48
こんばんは、きらりさん。

強気な人ほど、些細なことで躓くこともあるようです。
自分の弱さを自分で自覚できることが、
本当に強いということかもしれません。
人が好きになってくれるのは案外そんな弱い部分の自分かもしれません。
弱い自分を好きになれることが強くなる一番の近道かもしれませんね。
と、人には言えるんだけど、自分のこととなるとどうも難しいですね。
頑張ります。
うさぴん | URL | 2007.07.30 22:42 | Edit
趣味ではありませんが、何度か山登りはしたことがあります。
考えてみれば人は何で山に登りたがるんでしょうね。
理由は人それぞれだと思いますが。
いずれにしても、苦労しなければこの雄大さを感じることはできません。
ある意味人生に例えられるかもしれませんね。
それにしても涼しそうなところですね。
夏休み、どこに行こうかなあ。
と言うか、取れるのだろうか、夏休み…。

ながれ星 | URL | 2007.07.30 23:33
うさぴんさん、こんばんは。

山に登るのに理由だとか意味だとかいらないと思います。
人が生きているのと同じことかもしれません。
山に登ったら苦労は報われるものなんだと思ってしまいます。
夏休み、仕事という山を片付けるのが先でしょうか。
ガンバレ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。