スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝覚の床

寝覚めの床1
















夢でいいから




逢いたいね















寝覚めの床2





















にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村




















寝覚めの床3














木曾八景で有名な「寝覚の床」です。
行ったことのある人も多いのではないでしょうか。
私は車窓からみたことはあっても、訪れたのは今回が初めてです。
考えてみると、木曾は馬篭や奈良井宿など有名な所も多いのですが、
今までほとんど訪れたことがありませんでした。

この「寝覚の床」も訪問する前は、
もっと水の流れの強い場所だと思っていたのですが、
水の流れはいたって緩やかで、緑色の静かな佇まいです。
晴れた日には岩の上で昼寝をするにはちょうど良いかもしれないなぁ、
なんて考えながら、どんな夢を見させてくれるんだろうって考えました。

いい夢って、どんな夢なのか?

見たいものほど夢に出てこない。
それでもまだ、夢なら期待できるかもなんて・・・・・。
早く目覚めた方がいいんでしょうかね。。
















寝覚ノ床4

























おまけ
寝覚ノ床5










Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/710-40c1cc0e

Comment

優月 | URL | 2012.05.14 11:09 | Edit
静かで涼しげなとこですね
お昼寝したくなるのわかります
枕持って行きたいです

>夢でいいから 逢いたいね

そう思います
でも本当に見たい夢って見れなくて。。。
あんなに願うのにうまくいかないです><

今日も暖かいです
24度になるとか^^
でも日中暖かくても夕方から
肌寒くなりますよね
服の調節が難しいです。。。


sunnylake | URL | 2012.05.14 14:24 | Edit
静かで綺麗な川ですね。
岩が川面に映っているのがいいですね。
手前の岩はすべすべした感じだから、寝そべってみたい気もします。

私は最近立て続けに会いたい人が夢に出てきました。
うれしかったです。
endlessdiscovery | URL | 2012.05.14 20:52
手前の右側に「ゾウガメ」が・・
sara | URL | 2012.05.15 13:15
ながれ星さん こんにちは

穏やかな時間が流れているようで水の色が透明で綺麗ですね。
つるつるの石の上に座ってみたくなりますが水が深そう・・
凄い石ですが水の力でこのような切断したような形になるのでしょうか。

近頃夢見ないですね・・
夢でいいから逢いたいね・・優しい言葉ですね。
梅サクラ | URL | 2012.05.15 14:02
こんにちは。

「寝覚めの床」
大分前ですが、木曽の馬籠などに行ったときに、電車の窓から眺めました。
でも、スーと通るってしまったので、
ここでしっかり写真を見ることが出来て良かったです♪

でも、よく見ると、凄い岩・岩ですね。
圧倒されます。

そして、初夏の訪れを感じました。
hg | URL | 2012.05.15 20:50
流れ星さん こんばんは

寝覚ノ床ですが、そばに降りた事はありません
車窓からの眺めだけでしたが、
綺麗なところですね。

ごつごつのもあれば、なめらかなのも・・・・
川の流れとまっちして、不思議に落ち着く
所ですね。
夢に出てきそうです。
山行蔵 | URL | 2012.05.15 20:52
「寝ざめの床」そうココはカミサンとドライブに
きた場所です。
もうあれから27年も経つのか・・・

とてもなつかしい光景に見えました。
有難うございます。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 22:58
優月さん、こんばんは。

自分の思い通りにならないもの、
夢はそういうものなのかもしれません。
でも、思わぬ時に出会えたりして。

風邪をひかないようにしてください。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:00
sunnylakeさん、こんばんは。

逢いたい人が夢にでてくる。
そんな夢のような話は今まで一度もありません。
忘れたころにでてくる。
それもまた、夢のいいところなんですが・・・。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:03
endlessdiscoveryさん、こんばんは。

寝覚ノ床の由来は浦島太郎です。
浦島太郎がこの岩の上で玉手箱を開けて、
現実に帰ったとか。

だったら大きな亀がいても道理です。

それにしても、ほんとにゾウガメですね。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:14
sara さん、こんばんは。

地質学的にも有名らしいですが、
火山の多い日本らしい風景と言えばそうなのかもしれません。

優しい言葉なのか、悲しい言葉なのか?
どっちなんでしょうね。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:18
梅サクラ さん、こんばんは。

私も車窓から見た記憶だけしかなかったので、
今回初めて行けて良かったと思ってます。
こんなに白い石だとは思っていませんでしたが、
記憶に残る色なのかもしれませんね。

ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:21
hgさん、こんばんは。
こんな大きな岩がどうやってここまでやってきたんだろうって思います。
何だか、ずっと昔には岩が自分の力で移動していたような感覚になります。
丸いのや四角いのやら、おもしろいですね。
ながれ星 | URL | 2012.05.15 23:24
山行蔵さん、こんばんは。

旅行で見る風景って、
もしかすると、一生のうちで、その時限り一回しか見ることができない風景かもしれません。
そんな風景が自分の中でもたくさんありますが、
カミサンと一緒に見る風景、
なんだかいいですね。
Hiro | URL | 2012.05.16 00:53 | Edit
川のせせらぎを聞きながら
穏やかなお昼寝ができそうですね。
陽射しにあたためられた石はあたたかそう。
夢でも叶うと良いですね。
そしていつか、叶うかもしれないです。
ながれ星 | URL | 2012.05.18 00:57
Hiroさん、こんばんは。

夢が見れるだけで幸せなんだろうなって思います。
そして、夢は誰にでも見ることができる数少ない私たちの特権のような気がします。
人が人であるのは夢を見るから、
なんて・・・・・。。
みどり | URL | 2012.05.19 02:06
”夢でいいから逢いたいね”

なんだか一瞬ウルッときてしまいました・・
ということは、きっとそう願っている人がいるからなんでしょうね。

夢でも現実でもなかなか叶わない。
だから”夢だけでも”と思い続ける。
そんな事もあっていいかな~、とこの岩を見ながら思いました。

願い続けていたら、必ず叶う日が来る気がします^^
ながれ星 | URL | 2012.05.20 00:22
みどりさん、こんばんは。

そう願っている人はたくさんいると思います。
人の出逢いと別れは不思議なもので、
二度と逢うことのない別れも結構多いと思います。
だからこそ夢は持ち続けていたいってそう思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。