スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寝覚の床 2

寝覚ノ床6















あなたの記憶の中に






僕がいる


















寝覚ノ床7















にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村


























寝覚ノ床8















自分が自分であるのは、記憶があるから。
生まれてから今日今までの記憶が自分を自分たらしめる。
では、自分の記憶が誰かに上書きされたらどうなるか?
パソコンのハードディスクのように初期化され、
新しい記憶が植えつけられたら・・・・。
そう考えると、自分を認識するものは実は他者の共有認識だったり。
自分を誰も知らない世界では結局自分は誰でもなくなっていく。
浦島太郎はその両方の自己喪失を味わったのかもしれません。
家族がいる幸せ。
友人がいる幸せ。
愛する人がいる幸せ。

自分を見つめる人がいるから、僕は僕でいられるんだろう。

きっと、あなたも。。


















寝覚ノ床9

















Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/711-2a13fd37

Comment

SRまゆみ | URL | 2012.05.16 06:31
おはようございます。
川の流れは穏やかなのに、岩の形を見たら長い年月をかけて削られてきたようですね。
子どもの頃、ふと自分って何だろうと思う瞬間がありました。そんな不思議な感覚を思い出させてくれる場所ですね。
sunnylake | URL | 2012.05.16 12:39 | Edit
私は昔の記憶がなぜかほとんどありません。
逆に、妹は昔のことをすごくよく覚えています。
本当に妹から聞かされても覚えていないことが多すぎます。
もしかして、何かの拍子に記憶が消えたのでは、と思うくらいです。
sara | URL | 2012.05.17 17:05
ながれ星さん こんにちは

石って険しいように思っていましたが、優しく見えてしまいます。ゆっくりと時間が流れているようですね。

私も時々考えます・・自分ってなんでしょうね・・
存在を頂いているから自分でいられること・・
自然の景色を目の前にすると心も自然に帰るのでしょうか。
眺めていていろんな事を思い浮かべてしまいます。
アリー | URL | 2012.05.17 21:17
子供が成長する度に 自分はこの頃 どーだったかな?と考えさせられます。
親が老いていくのをみて 自分の将来の事を考えます。
家族に自分の時間を取られ嫌になる時もあるけど・・
家族がいつから 自分もいるんだ。って思う。
不思議ですね。
ながれ星 | URL | 2012.05.18 00:25
SRまゆみさん、こんばんは。

確かに静かな水模様とは対照的な岩の表層です。
今は穏やかでも、ずっとずっと昔は激しい流れだったのか?
人の顔と同じように、苦労の数だけ皺が増えて行くんでしょうか。
ながれ星 | URL | 2012.05.18 00:30
sunnylake さん、こんばんは。

自分の記憶を綺麗に畳んで、奥の方にしまい込んでるんでしょうね。
余程のことがない限り、せっかく奥の静かな場所にしまってあるものを、
引っ張り出してくる必要なんてないんだと思います。
でも、記憶がたくさん残っているというのも、
案外と自分で錯覚していることも多いようです。
ながれ星 | URL | 2012.05.18 00:36
saraさん、こんばんは。

この広い宇宙の中で、
生命があると言うだけですごい奇跡だったりします。
難しいことはよくわかりませんが、
自分以外の自分を見つめてくれる、求めてくれる存在があって、
始めて自分の個ができあがるような気がします。
無駄な命などないですよね。
ながれ星 | URL | 2012.05.18 00:44
アリーさん、こんばんは。

浦島太郎の失ったものは、
時間と、その中で育まれる愛情だったのではないでしょうか。
宝物を大切にしてください。
旅の空から | URL | 2012.05.21 12:42
いつも素敵な写真を有難うございます。

疲れているとき、淋しいとき
貴方の写真は
心を癒してくれます。

今回撮られた写真の場所へは
もう、ずっと行っていません。

久しぶりに行きたくなりました。
ながれ星 | URL | 2012.05.21 23:59
旅の空から さん、こんばんは。

ありがとうございます。
自然の息吹を体感するのは何よりの癒しだと思います。
実際の自然の姿には遠く及びませんが、
少しでも肩の力を抜いてもらえたらなぁと思います。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。