スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

葦の海

葦の海















夏の匂いを運ぶように


広い葦の海に乾いた風が吹いていく


ぬるんだ水に足をつけると


足先から蘇る記憶は


夏の日の熱い太陽そのもで


近寄りたくても


近づけない過去


滴り落ちる汗の感触だけが


体の一部であの日を覚えているんだろう


















葦の海2



















にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

















葦の海3














近江八幡市には「西の湖」という、
琵琶湖の赤ん坊のような小さな湖があります。
ここは水郷めぐりでも有名で、八幡堀と同じように、
よし原の中を船でまわることができます。
葦は琵琶湖にとっては代名詞のようなものでしたが、
それも近年はだんだんと減少していくばかり。
でも、この「西の湖」にはまだたくさんの葦が残されています。
夏は青々とした緑で、冬は枯葉色したよし原は、
自然が生み出した宝物のような存在です。
ずっと綺麗でいて欲しい、葦の海。
















葦の海4





















葦の海5

















Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/741-c3702b88

Comment

| | 2012.07.22 10:10
このコメントは管理人のみ閲覧できます
敷島 | URL | 2012.07.22 10:50 | Edit
おはようございます

はじめまして
いつも自然いっぱいのお写真に癒されてます。

ただ閲覧と同時の音楽はちょっと・・・。

写真への音楽は見る側が心で奏でるものではないでしょうか。

以前から開く度に流れるのに違和感を感じてました。

私的な意見でごめんなさいね<(_ _)>

かすみ草 | URL | 2012.07.22 14:56 | Edit
ながれ星さん、はじめまして。

いつも素敵な写真、音楽、言葉、文章をありがとうございます。
心を清められるような思いで拝見しております。

素晴らしい写真があるからこその音楽ですが、私にとってはながれ星さんの写真、ブログにはなくてはならない大切なものとなっていて、以前流れなかった時は、何か欠けている、物足りない感じでした。
あっ、お言葉もです(笑)。

他の方のブログで偶然聴いた時には、何かが違う感じで、この音楽には、やはりながれ星さんの写真となっていて、よほど、曲名お尋ねしようかと思ったこともありましたが、知らないまま、こちらでと・・・

なので是非是非このままでお願いいたします~。

音楽を聞こえないように写真だけを、というのも出来るのではないかと思います。
花 | URL | 2012.07.22 20:58
こんばんは^^
清々しいお写真の数々に心を洗われ、
今日の詩は読んでいると切なくなりました・・

プロフィールのところにリンクフリーとありましたので、厚かましくリンクさせて頂きました。
またお邪魔させてくださいね^^

hg | URL | 2012.07.22 21:19
ながれ星さん こんばんは

何時も素敵な写真に癒されています。
私だったら、同じ葦を撮っても、ただの葦の景色にしか見えないと思います。
ながれ星さんが撮影なさると、同じ被写体でもどこか一味違って、見入ってしまうのですよね、
又素敵な詩何処から、こんな文章が浮かんで来るのでしょう。
ひょっとしたら作詞家だったりして・・・・
アトムパパ | URL | 2012.07.23 00:14
こんばんわ。
こうした自然は、無くなってきましたね。

湖岸工事が進んで、今では貴重な場所と思います。
ながれ星 | URL | 2012.07.23 00:52
鍵コメさん、こんばんは。

残念と言っていいのかどうか?
日本に帰って落ち着いたらまた訪問してください。

う~ん、でも今度は私が海外に行ってたり・・・?

ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2012.07.23 01:09
敷島さん、こんばんは。

貴重なご意見ありがとうございます。

写真に対する思いや見方はたくさんあると思います。
どれが正しくてどれが間違っているということはないと思います。
昔なら、写真を見せるのに言葉なんて必要ないなんて言われてたかもしれません。
でも、時代によって表現の形も変化してきました。
モノクロしかなく、紙に焼いた写真しか見ることができなかった時代から、
簡単にモニターで写真を見れる時代。
言葉や音楽とともに写真を感じてもらうことも、
私なりの一つの表現の方法だと思ってもらえれば有難いのですが・・・・。
それでも音楽があると自分の心の音を感じられないと感じられるのであれば、
お手数ですがパソコンを消音して見ていただけないでしょうか。
私自身はできるだけ音量を絞って、小さな音で自分のブログを見ています。

どうか、これからも訪問してください。
私の写真で、自分の心の音を感じてもらえる。
それはたぶん写真たちも喜ぶような素敵な楽しみ方だと思います。

ありがとうございました。


ながれ星 | URL | 2012.07.23 01:18
かすみ草さん、こんばんは。

私のことを弁護してくれているようで、
ありがとうございます。

私自身は昔から写真を見るときには、一緒に音楽を聞きながら見ることがほとんどでした。
写真だけで圧倒するような大きな力を持った写真もありますが、
私には残念ながらそんな力を持った写真を撮ることはできません。
でも、写真と言葉が補い合うのではなく、
ともにあることで新しい感覚を産み出せたらいいなぁなんて思っています。
音楽は借物ですが、とてもいい音楽だと思っています。
これもブログをやっていく中の出会いの一つだと思っています。

また遊びに来てください。
ながれ星 | URL | 2012.07.23 01:22
花さん、こんばんは。

リンクありがとうございます。
こちらからもリンクさせていただきますので、
どうか履歴を残してくださいね。

またご訪問ください。
ながれ星 | URL | 2012.07.23 01:24
hgさん、こんばんは。

実際は写真より言葉を考えるのに苦労しています。
言葉は難しい、でも言葉は素敵です。

ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2012.07.23 01:27
アトムパパさん、こんばんは。

琵琶湖の自然は悲しくなるほど失われています。
特に湖北の葦は随分と少なくなってしまいました
利便性。合理性。
何が本当に必要なものなのか、
よくわからなくなってきました。
かすみ草 | URL | 2012.07.23 02:19 | Edit
写真だけでもとても感動しています。
「相乗効果」をお伝えできてなくて申し訳ありません。

写真と音楽、言葉のハーモニーで、さらに素敵な世界が創られているようです。
| | 2012.07.23 03:14
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Roman | URL | 2012.07.23 07:02
おはようございます。

いつもながれ星さんの写真は心が休まるものばかりです。
この葦の湖の景色はこちらの霞ヶ浦周辺とも近い物があります。
夏の美しい写真から秋から冬の葦原に水鳥がいる風景を思い浮かべてしまいました。

今日も仕事で出かけますが、気持ちよく出かけられます。
ありがとうございました。
敷島 | URL | 2012.07.23 23:03 | Edit
こんばんは
一番下にBlessing of the Lightのブログパーツを
張り付けてたんですね。
これでオンオフします(^_^)/
理系の私にはデジタルとは数字とアルファベットの羅列ですから
フログパーツの存在が最初分かりませんでしたので
HTMLを表示してsrc="http://www.didier-merah.jp/部分から追跡しました。
私のブログにも張り付けました<(_ _)>
グーグルクロームはこんな時便利です。

Hiro | URL | 2012.07.23 23:15 | Edit
まさに、緑色の海のようで。

この草むらに身を置いてみたいです。
人や草とか関係なく、一緒に時の流れを
過ごせそうな場所ですね。

かき分けかき分け、かくれんぼもできそうですね。
since2010 | URL | 2012.07.24 00:43
飾らない葦の姿にグッときました。

自然の姿を都市部で真似することはできても、
本物には敵いませんね。
ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:00
かすみ草 さん、こんばんは。

何度もありがとうございます。
時にはアンバランスなこともあるとは思いますが、
大目に見てください。



ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:02
鍵コメさん、こんばんは。

何かとお世話になっています。
素敵な詩を作ってください。

今後とも、よろしくお願いいたします。
ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:06
Romanさん、こんばんは。

私は霞ヶ浦には行ったことがありませんが、
きっと良いところなんでしょうね。
この琵琶湖も水鳥がたくさんいます。
身近に動物がいるだけで、不思議に親近感を覚えます。
ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:08
敷島さん、こんばんは。

何度もありがとうございます。
文系の私には何のことかわかりませんが、
自分が気持ちよくなれるように楽しんでください。
ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:11
Hiroさん、こんばんは。

人より背が高い葦原は、
かくれんぼするのにぴったりかもしれません。
風の中で大きく深呼吸しているようでした。
ながれ星 | URL | 2012.08.06 00:14
since2010さん、こんばんは。

葦原は日本各地でたくさん見られたはずですが、
最近はどんどん減ってきました。
干潟と同じように、生き物の宝庫かもしれません。
水を浄化し生き物に餌を与える。
もっともっと増やしていきたいです。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。