スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れの開聞岳

2013開聞岳1













夕日の中に


今日が落ちてゆく


笑える日でも


笑えない日でも


同じ一日


明日を待とう
















2013開聞岳2
















 

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村






















2013開聞岳3














九州の南の端にある開聞岳です。
「伊能忠敬先生絶賛の地」と書いた石碑がありました。
夕陽を浴びて毅然とした姿は、富士と同じく綺麗です。
今日がどんな日であっても、明日に希望を抱かせる、
そんな姿でしょうか。

















2013開聞岳4














Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/917-427e202e

Comment

ramuneje | URL | 2013.11.03 10:35 | Edit
おはようございます^^はじめまして。
訪問履歴からまいりました。

開聞岳というのは、鹿児島県なのですね。
初めて拝見しました。美しい景観ですね。

笑える日でも笑えない日でも同じ1日・・・

私も、明日を待ちたいです。^^ありがとうございました。
安底羅 | URL | 2013.11.03 19:16
今晩は。
薩摩半島へいかれたのですね。開聞岳は近くにあり、泳いでいける妄想を持つ。
独逸だったかな、諺に
”泣いても笑っても一生 ”
というのが、あったのを薄ら覚えている。
涼 | URL | 2013.11.03 23:24
暮れてゆく今日の終わりは、
明日を約束して…
意識することなくても迎える明日。
だから意味があるのかもしれません。
だって生きているのですから…。
umi925 | URL | 2013.11.04 07:36 | Edit
お早うございます~、
自然に抱かれて清・濁をも包み込む雄大な気持ちになれる様な山海ですね、有り難う。
徒然キング | URL | 2013.11.04 10:15
阿蘇の次は開聞岳。
別名、薩摩富士、ですね。
貴ブログで、
父の故郷の次は母の故郷の県を巡ることができました。
ありがとうございます。
flowerh | URL | 2013.11.04 23:34
こんばんは~

何もなければ、
あすは確実にやってきます。

引きずるよりかは、
気持ちを変えたほうがいいですよね。

それにしても、波がいいコンストラクト(^^;
ネリム | URL | 2013.11.05 00:57 | Edit
こんばんは
波の写真綺麗ですね
Aiko | URL | 2013.11.05 14:16
開聞岳と聞くと、特攻隊という言葉が浮かびます。

知覧の飛行場から飛び立った特攻機は
開聞岳を一周して、南の空に向かって飛んで行った。
二度と戻ることのない祖国を‥
美しい開聞岳の稜線を‥
彼らはどんな思いで、胸に刻んだのでしょう?
戦争を知らない私でも、彼らのことを思うと
胸が痛みます。

人は何のために生れて、何のために死ぬのか。
そんなことを考えさせられます。

一日一日を大切に生きなきゃね。
じゅんじゅん | URL | 2013.11.05 18:57 | Edit
ながれ星さん!こんばんは^^

凛とした山ですね。

海も、あたたかく・・。

当たり目じゃない、日々の何がない事
感謝して、大切にしたいです。

明日も笑顔で過ごしましょうね。

いつもありがとうございます。応援☆P☆
ながれ星 | URL | 2013.11.07 00:48
ようこそ、ramunejeさん。

海に突き出た小さな富士山。
夕暮れの光に包まれて、
とても良い時間でした。
夢のような時間なのかな?

また来てください。

ありがとうございました。

ながれ星 | URL | 2013.11.07 00:53
安底羅さん、こんばんは。

ほんとに、
泣いても笑っても、同じ一生。
笑えるものなら笑いたいですが、
そんなに上手くはいかないのも人の人生です。
とりあえず、希望を捨てないようにと、
・・・・・・・・・。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 00:59
涼さん、こんばんは。

信じられる明日に。
人は意識するしないに関わらず、
信じているんでしょうね。
ほんとに、生きているんだから。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:01
umi925さん、こんばんは。

こちらこそ、ありがとうございます。

自然が作る景観は、
人の想像を超えているとよく思います。
この風景もそうなんだなぁと思います。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:05
徒然キングさん、こんばんは。

父の故郷と母の故郷。
どちらも素晴らしい故郷ですね。
そして、そんなご両親の間に産まれた、
徒然キングさんは、でっかい心の持ち主なんでしょうね。
良かったですね。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:10
flowerhさん、こんばんは。

何かあっても明日は大抵やってきます。
夜に眠れずウジウジして、
朝がきて始めて眠りこけるような奴には、
中々切り替えもできないかな。

まぁ、いいか。
こればっかりは、どうしようもないですよね。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:12
ネリムさん、こんばんは。

いい感じで暮れてくれました。
私もこんなふうに、暮れていきたいなぁ。
ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:30
Aikoさん、こんばんは。

この写真の次の日に、知覧の特攻平和記念感に行きました。
言葉にするのは難しいですね。
生命の重さを武器にしようなんて、
誰が考えたことなのか?
どうする術もない怒りは、じっと静かに、
でもずっといつまでも自分の心の中にしまっておきましょうよ。
二度と私たちが馬鹿なことをしないために。

ながれ星 | URL | 2013.11.07 01:34
じゅんじゅんさん、こんばんは。

ここに、こんな山があることに、
何かしら意味があるのではないかと思ってしまうような山です。

きっと意味があるんでしょうね。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。