スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舫(もやい)とフラッグ

もやい綱







ただ僕にできることは

あなたを繋ぎとめておくことだけかもしれない

安全な港になれない僕は

けれど、舫となって

あなたが嵐や風雨から逃れるために

あるいはいつもの休息と安らぎのために

港に戻る時間を

ただ繋ぎとめておくだけの舫となって

静かに明日を待とう

強い風や高い波に向かい

それでもあなたが舫を解き

フラッグを高く掲げ

海に旅立つ日のために













フラッグ











親っていうのは損な立場だなって、
親にもなれない私にだって思うことがある。

自分を守る港は結局は自分で見つけるしかない。
せっかく入った港でも、
しっかり繋いでおかないと、またどこに行くのやら。
せめて世間の荒波にもまれ、辛苦を味わって挫折する日が来ても、
嵐に海にさらわれ座礁しないように
しばしの間でも安全な場所に繋ぎ止めておきたい、
と思うのが親心でしょうか。
自分のフラッグを高く高く掲げて、
どんなに荒れ狂う波にでも、堂々と航海を続けて欲しいと。
いずれは自分から離れて行くんだろうけれど、
真っ直ぐ前を見てフラッグを降ろすことなく、進んで行って欲しいもんです。
ちょっと淋しいけれど。







準備




Trackback

Trackback URL
http://samayoiaruki.blog88.fc2.com/tb.php/95-e28f5816

Comment

みぃこ | URL | 2007.10.03 06:04 | Edit
おはようございます。

無造作に巻かれた綱が絵になっていますね。
目を留められたながれ星さんがすごいです。
tama | URL | 2007.10.03 09:44
おはようございます。
先週末から身内の不幸などがあり、ばたばたとしていました。
ながれ星さんもせっかくの記事が消えてしまわれて、大変だったのですね。
私も残念です。いつも素敵な詩と写真を見るのが楽しみなので。
“溶ける月”の秋色写真も素敵です。かわいいお月様といい空色ですね。

“舫とフラッグ”の記事を見て、最近、子を持つ友人が増えて、また私自身の父や母の親心というものを考えさせられることが多くなったので、詩を読んでしみじみといろいろな思いをめぐらせてしまいました。e-257

ながれ星 | URL | 2007.10.03 23:34
こんばんは、みぃこさん。

ちゃんと巻いて、いつでも使えるようにしているんだなぁ、
と整理下手の私は感心しておりました。
何もない風景と言えばそうなんですが、
なんとなく雰囲気がありますね。
何の雰囲気かと問われても答えられませんが・・・。
ありがとうございました。
ながれ星 | URL | 2007.10.03 23:40
tamaさん、こんばんは。

身内の不幸はいろいろと大変ですね。
でも、避けられない人生の重さなのかもしれません。
どうかゆっくりと休んでください。

子供はいないけれど、兄の子供を見ているだけで、
子供を育てるのは大変だなってつくづく思います。
トラブルばかりで、なかなか安らぐ暇もないようです。
自分の子供だからこそ、それほど心をかけられるんでしょうね。
親の愛情、忘れないようにしたいです。
私も親不幸者ですから。

tenko | URL | 2007.10.04 00:19 | Edit
なんだか切なさを感じますね。
こちらは日本一海岸線が長い県のせいか、船に乗っている人は多いのですよ。

自衛隊、漁師、それからフェリーの運転してる人もいたなあ。
だから「待つ女」も多いかも?(笑)



ながれ星 | URL | 2007.10.04 00:37
こんばんは、tenkoさん。

大西洋に面したスペインの女性たちは、
海に向かって出て行く男たちを待たないそうです。
待っても待っても帰って来ない男たち。
フラメンコの情熱と悲哀に満ちた踊りは、
そんなところにあるのかもしれませんが、
フェリーなら、まず帰って来るから
安心して待てるかも、ですね。
でも、ほどほどに。
きょう | URL | 2007.10.05 00:51 | Edit
こんばんは。
漁師の娘なのだけど、舫という言葉を初めて
しりました^^;
親心につながりますね。
ながれ星さんの言葉たちに、しんみりとしてしまいます。
わが子がフラッグを掲げて旅立つ姿には、
寂しさも伴いますが、やはり喜びも大きいです。
いつでも戻ってこれるように、
のんびりと待たないようで待つ、それでいいかなと
思ってます。

PS 消えた記事は、グーグルで検索しキャッシュが残っていた場合は見つけることができるそうです。
それをコピーして記事として保存しなおしたらいいそうな。
mixiのニュースで偶然見つけました(^.^)
ながれ星 | URL | 2007.10.05 01:34
きょうさん、こんばんは。

漁師の娘が舫を知らないのは困りますね。
違った呼び方があるのかな?
でも舫結びはできませんか?
二つの紐をほどけないようにする結び方。

最近の子供はいろんなことを良く知ってるわりに、
すごく脆いですね。
兄の子供を見ていてそう思います。
中々大人になりきれないようです。
見守るだけではなく、
どこかでお尻を蹴っ飛ばす必要がありそうですね。
もやいを解くには時間がかかりそうです。
のんびり待ちましょう。
moe.. | URL | 2007.10.05 09:57 | Edit
おっはよぉ~♪^^
想い・・って、どんなものにもあるんだなぁ~?って感じました。
みんな・・この想いを抱えてりんですねぃ(^^;)
それが、、人にだったり、咲く花だったり・・・SORAにだったり・・・ (笑)
自分にさえ抱くこともある。。 (笑)
・・・・・・・・・・そやって、繋がってるんだな~?
って、、、思いました。
          *^^*)
ながれ星 | URL | 2007.10.06 00:14
moe..さん、こんばんは。

みんな繋がっていたいのかも。
想いは共有できればかけがえのないものになりますよね。
いろんな想いが、たくさん繋がるといいね。
シェイド | URL | 2007.10.08 17:22
誰かにそういってもらえたら泣いて喜ぶと思います。
でも言ってくれませんけど、何だか切なくなりますね。

ロープをあんなふうに巻くのって案外難しいのかなって思います。
次に使う時にスーッと出て行かないと困りますものね。

思い切って安物のカメラ買いました。

どうなる事やら・・・。
ながれ星 | URL | 2007.10.08 21:35
こんばんは、シェイドさん。

舫結びは少し難しいけれど、慣れればそうでもないですよ。
シェイドさんは親孝行の息子さんがいて言うことないじゃないですか。

でも、すぐ近くにお住まいなんですね。
仕事で〇田林にはたまに行きます。
花火がすぐ近くで見れて良いですね。
写真ぼちぼち始めてください。
アップされるのを楽しみにしておきます。
Comment Form
公開設定

プロフィール

ながれ星

Author:ながれ星
 * 男性
 * 水瓶座
 * リンクフリー
 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。